素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


Free! -Timeless Medley-絆 [感想文]

 やっぱり観てきました。もともと総集編とか完全版という焼き直しモノに興味がなく、既に殆どの劇場で公開終了していたこともあり、「別にいいか」モードでいたんですよ。だけどハイスピ記録会(両国でやったやつ)のダイジェスト映像を観てから、なんか行かないと後悔するんじゃないかという考えが膨らんできて、衝動で行くことに。結論を言うとこれは正解でした。ちゃんとひとつの物語として結実していて本当によくできた映画!特に序盤は新規映像ばかりで、映画を総集編と感じさせない。最後のリレーで結局泣いてしまったのはそのせいだと思いたいです……。

 いくつか心に残ったことを書きますね。まず音楽が素晴らしい。TVで観たのと全然違う曲が流れるので、今回の映画を新鮮に感じた最大要因といえます。そこに最初からタブーとも言える「遙退部」……。ここ含め、中盤とラストにチラッと登場する旭と郁弥はある意味この作品一番のみどころでしょう。顔を映さないのはきっと新作でいろいろやるためだろうと思うと今から楽しみです。
 それから、この映画のテーマ=まこはるというのがよくわかる構成。腐的な意味でなく、絶対あると思っていた大会直前の怜渚の涙がカットされ新規映像となり、SCの手伝いをする真琴の話にしっかり時間が割かれたあたりそれを強く感じました。貴澄をちゃんと出すためというのもあるんでしょうけど、真琴の夢も重要なエピソードなんだなと認識を改めました。貴澄と遙の再会シーン、好きなんですよねぇ。
 STYLE FIVEの新曲がなんとOP(新映像)。もしかすると秋の新作で使うのかな?という伏線めいたカットも多数登場しました。いやーこれは燃えた。歌もCMで聴いたのよりずっといい。EDどうするのかなと思ったらEVER BLUEって……ずるいですよ泣くしかないじゃないですか。大好きなんですこの曲。しかもそのラストシーンで遙が3人に一言ずつ謝辞を述べるのですが、真琴へのありがとうで僕含め同じ列に座ってた全員嗚咽(笑)。こういうの初体験だった。

 ギリギリで申し訳なかったけど、観に行ってよかった。もう少しやる劇場もあるので「別にいいか」と思っていた僕みたいなにわかファンの人がいたら全力で観劇をおすすめします。僕が行ったときは男子も数名いました(安堵)。

 そうだ本編開始前の鮫柄チームにも触れないといけません。さすがに写真は撮りませんでしたけど、あぁ~褌大歓迎なのにーってのが感想です(笑)。凛ちゃん絶対やりたくないだろうなずっと無言だったもんな笑。