素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


五月雨式のブログ書き

 「人にやさしく」集合のおじゃMAP、ボクらの時代を漸く観ました。後者の慎吾、凄かったですねあの力の抜けっぷり……。五人旅で吾郎・剛と喋ってる時もあんな感じでしたけど。山本耕史ってつくづくいい男だなぁ。

DINOSAUR/B'z

 30thの始まりを告げる最新作。大半リズム隊のメンバーまでも入れ換えて、骨太な心意気を感じます。
 さて、最近「ELEVENの頃の音がいい」とよく口にするまっちゃん。アレンジメントが交替したし、今回はヘビィなサウンドかと思ったら、むしろ聴きやすいです。おそらく作品全体の統一度が高いためでしょう、非常に緩急のついたいいアルバムです。長大なイントロの楽曲で幕を開ける、ラストにロッカバラードを持ってくる等の構成は近年試みておらず、かえって新鮮に感じました。
 楽曲では「CHAMP」「SKYROCKET」「King Of The Street」等キャッチーなものも勿論良いのですが、僕は「Queen Of The Night」が装飾ない歌モノという雰囲気で結構好きですね。「弱い男」で聴けるグレッグ・ベイルのSaxソロは圧巻。「ハルカ」はLIVE-GYMで聴くと楽しそう。少し変わった調子を使う楽曲作りは「それでもやっぱり」等で聴けます。「Purple Pink Orange」が今作イチの珠玉。こういうバラードまだ歌えたんだな。嬉しかった。

 まぁ、アルバムも素晴らしいのですが、BARKSのインタビューが最高です。烏丸さんならではの切り返しも醍醐味と言えるけど、特にSNSについて二人がコメントするくだり。松ちゃんの「そんなにみんな自分を知ってほしいのかなって」との率直な感想、「誰かに見られることを前提に発信しているわけで、それは作品だと思う」という稲葉の素敵な回答には膝を打つ思いです。

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)