素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


誰の言葉も届かない

 たとえ人より劣っていても、うまく立ち回れなくても、何かひとつでも自分にしかできないことを成し遂げて、役に立ちたいと思ってやってきたけど、最後はこんな風にして終わるのか……。


 身体の力が入らない。そうかぁこういうものなんだ。今までの弱気とかプレッシャーなんか全然大したことないや。


 冒頭部、これまで何度も何度も思っては、時々弱音をここに書き、けれど目の前を見て奮起しなおしての繰り返しだった。俺みたいな根暗のゴミでも何かやれるはずだって。
 でも、無理みたいです。やっぱ根暗じゃダメなんですって。ガッツを出せって。うん、すっげぇ出してるんですよ。例えばあなたがゼロからスタートしてるところを、僕はマイナス100くらいから始めて、なんとか真後ろについていってるんですよね。わかんねぇだろうなぁ。
 あと、人とズレてることが解ってて、必死にそれを修正して生きてる人間はいっぱいいると思う。その状態はちっとも普通じゃない。


●Today's Beat→Soul Station/稲葉浩志