素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


僕の私の新世界

 うわーひと月半も放置している!! 色々書きたいことはあるんですけど、なんか飛ぶように時間が過ぎていて……。ということで、復活というよりはリハビリな感想文でお送りします。

Free!DFスタート!

 最初キャラが多すぎないかなーって気になったけど、3話まで観てうまくまとまってきたと感じます。相変わらず加藤さんの音楽がカッコいい。OLDCODEXの楽曲も今までで一番好きですね。EDはうーん…正直ダンスいらねぇかな……。劇場に向かうまでのウエストサイド物語みたいな雰囲気は好きなんですけど。
 さて本編。なんといってもハイスピ軸の物語がたまらない。遙と旭が同じ大学なの嬉しいー。これまで語られなかった中1時代の数ヶ月。訳も解らず離れていく遙や旭を見ても前に進まなきゃいけなかった郁弥がただ可哀想だけど、いま個人メドレーしか泳がない姿はあのチームが好きだったという逆説だと信じたい。貴澄も含めた4人が喫茶店で集まる場面好きですね。てか貴澄はやっぱパリピ気質なんだな(笑)。3話で漸く凛ちゃんシドニー記。朝の光景は凛のPVかと思った。まさかの成人夏也!賞金稼ぎの道場破り!!やめてーキメ顔が多すぎる!! 生き様がカッコよすぎてダメですもう抱かれたい。夏也に夢を語る凛のすっきりした表情は、いま暗めなハイスピチーム@東京との対比でもあるんですね。それにしても郁弥につきまとうあの性悪メガネなんすか?過去や本心が明らかになってもあのタイプは俺無理っす。


●Today's Beat→Top Of The World/SMAP