素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


春待ちすぎて夏来にけらし

春待つ僕ら(10) (デザートコミックス)

春待つ僕ら(10) (デザートコミックス)

 今でも買い続けている数少ない漫画です*1。今年実写映画も公開(観ませんけど)、連載中の少女漫画では充分トップクラスの人気作品でしょう。僕は書店に勤めていた頃3巻発売時に集めたのですが、絵がどんどん見やすくなっているのと、余計なキャラを増やさず進むストーリーも解りやすいし、次が気になり何度も読み返しています。

 さて本巻は完全に美月を取り合う構図になった永久とあやちゃんのバチバチがメインイベントですが、これまで永久のフォローくらいしかしてこなかった恭介がはじめてあやちゃんと対峙し牽制を仕掛けます。それからあやちゃんの本音には胸が痛みました……。永久を指して「周りから守られているのが気に入らない」と言い、しかもそれは外れてない(客観的に見て)。少なくとも、美月を支えにたった独りで周囲を相手し、強くならなきゃと自分を変えてきたあやちゃんにしてみれば、永久とどうこうなんてまるっきり次元の違う話なのでしょう。
 当て馬こそ少女漫画の伝統と言えますが、僕自身はあまり当て馬に肩入れする読み方をしてこなかった(≒普通に本命を応援できる)タイプなんですよ。でもねこれは圧倒的にあやちゃん派です。今回ナナセが美月の立場から「浅倉君みたいな子はこの先出てきそうだけど、神山君の代わりはいないだろう」と言ってますがこれずっと思ってることで。永久と美月は今のところ「なんとなく好き」が加速しただけのように見える。それが恋とも言えますが。あやちゃんの愛はもしかしたら高校生の色恋には重すぎるかもしれない。ただしBLを読みまくった僕にとってはもう、雰囲気ラブみたいなのは物足りないんすよ!!(なぜか怒気) こいつだから好き、じゃないと!あと幼馴染み萌えも勿論あります。


 書いてるうちに思った蛇足。全然違う漫画だけど立ち位置が「こどちゃ」の直純に似ている。きっとあやちゃんは永久に美月を取られても、他の女性を愛さないんじゃないかなぁって。なんとなく。

*1:なぜかKindle版しかカバー絵出ないのでやむ無くこちらで