素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


翔君の顔写真は酷すぎる

 週刊文春最新号の阿川佐和子×稲垣吾郎対談を読みました。一言、これは今でもSMAPが好きな人なら絶対に本誌で読んで頂きたいです。権力に追い詰められた国民的スター達が、牙を剥くこともせず巧みに人生を切り拓いていく覚悟。いつかの邂逅も夢じゃない。その始まりがあの解散だったんだ。胸にこみあげては深く感動しました。
 いい意味でものすごく選び抜かれた言葉を用い、丁寧に本心を語る吾郎。「ベタベタ仲良しなところなんか見るのは僕は好きじゃない」とか「メンバーとの現場はいつも緊張していた。それが良かった」とか、当人たちの決心はやっぱりファンの思い込みと違うと判って爽快です。この辺読んでいて、SMAPに森くんがいて本当に良かったなと感じましたね。離れていてもずっとSMAPだった森くんの存在は、「岐路に立たされた」5人の未来予想を大きく支えたんじゃないかな。道が途中で別れても大丈夫だね、っていうか……。きっとみんなでそういうことを感じながら、渦中2年間を耐え忍んできたのだと思う。
 阿川さんの質問も絶妙。この人の切り口には醜い忖度を感じないのが好きですね。「誰が残って誰が辞めるかの選択を迫られた」ってこの問題の絡繰りをさらっと書いてある。最後「6人で」って加えてくれてるの嬉しい。



 折角なので残った二人についても少し書きます。
 音楽の日でV6が中居に絡みましたよね。あれ、SMAPの問題が所属タレントにとっても(特に同期)大問題だったことがわかって涙が止まりませんでした。井ノ原の「嬉しいですこうやって一緒に出れて」はもう…中居君とみんなと共演できなくなるのかな?ってずっと怖かったんだろうな。WAになっておどろうの絡みでも、イノッチと健は止められても行くだろうけど(笑)坂本くんが来てくれたのがもうねぇ…泣ける……。坂本くんってSMAPに対してあまりいい印象がない(興味がない)ようにずっと感じてたので、すっごく嬉しかったです。
 木村は映画とかワッツとかKoki.とか相変わらず話題が尽きませんがひとつだけ正直、あまり後輩と共演してほしくないんですよね……。もともとジャニーズ然とした活動をしてこなかったせいか、基本的に外部の人と交わっている方がカッコよく見える。木村独特の自由なイメージもそこから生まれていると思うし。勿論かわいがってる後輩は前々からいるでしょうからそれはそれで結構なんですが。