素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


おつかれー!が言えなくて

 B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- セミファイナル(?)味の素スタジアムに行ってきました。正真正銘デビュー30周年の記念日に!

 僕にとっては10年ぶりのLIVE-GYM。ライヴもそれ以来だったので会場に着くまでは色々考えることがありましたけど、チケット引き換えたら心が定まったというか。10年に一度だから兎に角楽しもう、ってモードになりました。

 席は松ちゃんサイドの最上段なんですけどね、屋根があるとこだったんです。朝から冷たい雨降りで風もめっちゃ寒く、レインコート持参とはいえ10年ぶりの身体にはきっついなぁと思っていたから有難かった。しかも列の端だからものすごいFree!に拳上げられる!クジ運良すぎ!!なんて喜んで開演を待っていました。

 ライヴは素晴らしいの一言で、二人のファンでいることを心から誇らしく思いました。惜しみ無いヒットパレード。Pleasureシリーズ集大成と言うべき嬉しい演出の連続。わざと事前情報ほぼゼロのまま行ったのでどれもこれもが衝撃と感動の連続-なんて映画のアオリみたいなことをリアルに体感してきましたね。欲を言えば2010年代の楽曲もっと聴きたかったけど(Still Aliveくらい演ると思ってた…)備忘録として、アツいうちに1曲ずつ振り返ります。

ultra soul
 1曲目ってのいいですね!おかげで一気に勘を取り戻しました。

BLOWIN'
 客のハンズアップに歳を感じる…ww

ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
 20年ぶりに発見されたミュージックマンで弾いてくれました。いい歌だなぁ。

TIME
 今日の雰囲気に合っていた。過去の演奏が映像で次々振り返られる。

love me, I love you
 これ聴きたかった!大好きなんです。間奏のハンドクラップ楽しすぎ。日替わりでWonderful Opportunity演ってたのは惜しいけど…。振付やりたかったよぉ。

光芒
 ACTIONツアーが僕のラストライブだったんで、不思議と10年前とリンクするような選曲。じっくり聴きました。

もう一度キスしたかった
 イントロ、増田さんのピアノがとにかく素敵。ビジョンの上下にステンドグラスのフレームが。何これガサと最初思ったけど(笑)味がありましたね。

恋心 (KOI-GOKORO)
 振付け知らないヤツいねぇだろ…ってのを隠せていない稲葉氏www でも練習は楽しいよね。ハートの松ちゃんwwwww恋愛相談の相手なのに意味変わっちゃうじゃねぇか!w

OH! GIRL
 これも10年前のツアーで聴いてた。元気出る!今ツアーで最古の楽曲ですが全く古くないですね。

イチブトゼンブ
 初体験だったけどDVD観てたから全然大丈夫だった。

ZERO
 間奏で稲葉がステージカメラを奪い取り、カメラマンを映したらってキムタクーーー!!!我らが木村拓哉ですよ!!! Mr.Kimura!!!! すげぇサプライズでした。人のすることに~のラップやって「30周年おめでとうございます!」だけ言って帰っていった。なんか他の日は小杉とかだったんですね(それはそれで良さそうだけど差がw)。B'zとSMAP両方のファンの俺得すぎる瞬間でした。吃驚と歓声が凄まじかったけど、正直稲葉と並ぶとフツーのにいちゃんに見えてしまった……。

松本ソロ(星に願いを)
 ディズニーオムニバスのやつですね。いいクールダウンだった。星全く見えてないのが残念だけど。
 聴きながらさっきの木村を思い出して、あぁSMAPも今年結成30周年を味の素で演ってたかもしれないなぁ……って切なくなりました。*1

ALONE
 松ちゃんがせり上がってくるからもしやと思ったら、なんと稲葉のピアノ弾き語りです。今回は歌もちゃんと生。稲葉ピアノは一回観たかったから嬉しかったな。隣のカップルが冒頭「えっすごくね?」って言ってた。この場面、バンドが固まって見えて映像的にとても良かったです。

LOVE PHANTOM ~ HINOTORI~ LOVE PHANTOM
 ダイブの再現と楽曲HINOTORIの存在は会報読んで解ってたんですが、直に見ると圧巻ですね。HINOTORIのイントロで稲葉が火の鳥になる演出、神々しすぎて鳥肌立った。ラストはBUZZとも渚園とも違い、負傷してそのまま落下みたいなダイブでなかなか良かったです。結末を知っていてもドキドキしたから95年に生で観た人は衝撃だっただろうな。

spirit loose Movie ~ Real Thing Shakes
 あの金かかったカーチェイスムービーからそのままなだれこむ96年の再現。めっちゃテンション上がりました。1コーラスだけだけど英語歌う稲葉はカッコいいっすねぇ。

juice
 ジュースバルーンをスタンド案内係のバイト達が懸命に運んでいたのがシュールww アリーナを漂っている時のMC「満遍なく回してください。自分だけ触れたらいいとかはやめてくださいねー」ww
 いつもの間奏C&RでNATIVE DANCEとKomachi Angelをやりました。この曲ライヴだと化けるよな。

BAD COMMUNICATION
 アツすぎる選曲!この曲聴くと、B'zが80年代にデビューしてくれてホント良かった。

Pleasure 2018 ~人生の快楽~
 歌が短いのであっという間に終わってしまう。この曲の主人公も一緒に歳を重ねているんですよね。たまには古い友人に電話しようかな。

Encore
 アリーナ後方の特設ステージに二人が登り、松ちゃんがしみじみと30周年の感慨を語りました。なんか面白いこと言って欲しかったけど(笑)「皆さんがPleasureでありTreasureです」。二人とも謙虚に感謝をくれる姿がなんかもう嬉しいっすよね。ファンとのベクトルが釣り合いすぎてる。

Brotherhood
 1番は二人きりの演奏です。移動がちょっとダレたのと、We'll be alrightの連発はキーが高すぎる(笑)。

愛のバクダン
 あまり好きな曲じゃないのですがライヴではわかりやすく盛り上がれる。

RUN
 規制退場で帰り遅くなるの嫌だったのでイントロで会場出てしまったのですが、これは聴きたかった……(;´д`)でも野外なので駅くらいまで聴こえてましたね。警備のバイト共が見てるなか、歌いながら帰りました!


 Pleasureってこういうものですよね、ってのがそのまま行われたようなライヴだった。近年の楽曲がどうしても少なくなるけど、こういうツアーをメンバーもファンも楽しめるのは彼らの活動が常に新しいからだって改めて確認できた。
 エキシビションも映画も行かずファンとしては超絶不孝者なのですが、やっぱり僕やめられないんです!(稲葉MCより)ずっとついていきます。

*1:3年後に期待☆