素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


夜空に輝く新バウム

 風邪ひきかけの症状が出てる。治すぞ!

 それもあって丸一日身体がだるく、累計2時間くらい休憩していた。抵抗力だけは落としたくないから無理にでも飯を食い水を飲んでる。


 どうしてもお菓子買うの控えられないなぁ…金欠にかなり影響してるだろうに。本当はケーキとか食べたいんだけど男子独りスイーツ巡りする時間もお金も度胸もないので手が伸びてしまう。お菓子は殆どメーカーで決めます。UHA味覚糖とブルボン、森永は安心安全の代名詞(と思い込んでる)。

今週のお題「読書の秋」

 読書家の読み方ってすっごいマネしたくなりますよね。付箋読み自分も取り入れたいっていつも思うけど、そもそも人真似ができるほど器用じゃないのでやめてしまう。

 もう何年も本読む時間が寝る前しかなく、ベッドで布団かぶって、というのが多い。そうすると「寝落ち」が発生する。顔面にバササーッと本が落下、何度あったことか。寝相で潰したとかベッドから本落としたとかでがっかりすることもしばしば。
 去年くらいから書店の紙ブックカバーをリユースしてます。それまでは読み終えたら捨てていたんですよね。あと雑誌の切り抜きでカバー作るのも有効。上質な紙使ってるファッション誌だとオシャンティにできるし、そうでなくてもどうせ切り抜きだから大事にしなくていい。
 ブックマークも書店で配るやつしか使わない。ただし広告じゃないやつ*1。読書中は思いっきり物語に入り浸るタイプなので余計な情報を入れないようにしてる。

 読書に何を求めるかは人それぞれだけど、僕がはっきりしているのは、知識や教養を獲得するとか、何らかの使命感*2とかではない、ただ好きなだけっていう。自分は気まぐれ。にわか。だから読書家が好きですもん。読書メーターつけてるのは記録の意味合いが勿論だけど、沢山の人が本を愛していることを確認したいのかもしれない。ずっと出版業界に身を置いているのもそういうこと。

*1:図書普及のだけは例外です

*2:この作家は必ず買わなきゃ、話題の新刊は読まなきゃ、仕事だから、特典を集めなきゃ、みたいな、その本の魅力とはややズレた動機とでも言おうか。