素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


Sexy Buddy ~終わりなき追跡~

 内容に合わせた90’s的な題名を考えましたけど、こうしてみるとバブリーな時代のコピーってのは限りなく厨二病に寄っていますね。いま書くの恥ずかしかったもん。

ドロ刑

 昨年10月クールは数年ぶりにドラマをちゃんと観ました。ケンティーのゴールデン初主演と、バディモノ好きの血に引かれて追いかけましたけど、Twitterで書いてた感想をちょっとまとめてみました。

【1話】面白い。エンケンめっちゃカッコいい。中島の芝居はまぁ、これからかな…。13係できて次回からきっともっと面白くなる。漫画とは完全に別物だけどこれはこれ。
【3話】稲森の係長がどんどんネジ外れてきてるww 皇子山と煙鴉の対峙、まだ何倍も差がついてる感じがいいっすね。
【4話】人情味溢れていて一番好きな回だった。皇子山はなぜ煙鴉を追うのかずっと気になってる。ケムと斑目普通にラブラブやん……。
【5話】今までとはひと味違う重層的な展開。神出鬼没の煙鴉がカッコよすぎる。ケンティー斑目のキャラが漸くハマってきた感じ。今回の犯人はよかったなぁ。
【6話】皇子山の出番が増えてドラマ性が増し、明らかに最初より面白い。斑目が成長してきたのもデカい。中島健人はふにゃふにゃした雰囲気よりマジな芝居が向いてると思う。にしても余貴美子はホント凄いな。
【8話】シリアス加速ですっげー面白かったんだけど、大友康平の顔劣化が酷すぎる。何かの病気? 母も「昔は凄かったんだけどね」って。
【9話・最終話】最後の最後もどんでん連発。皇子山、係長、煙鴉それぞれの執念よ。斑目の嗅覚が全然生きてないなと途中思ってたけど、動物的勘じゃなく刑事としての成長ってことなのかな。いい作品でした。原作読もっかな。

headlines.yahoo.co.jp