素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


デブが占拠する電車のシート

 先日の電車移動中、3年分くらいの送信メールを整理していたのですが、2~3年前のそれを見ると自分が書いたとは思えないようなしっかりした内容で驚いてしまった。去年ぐらいから思うように言葉がまとまらないのを実感していたけれど、こんなに顕著だと認めざるを得ません。

 で昨夜、姉が「ADHDあるある」みたいなツイートを見ていて「私ぜんぶあてはまる」とか言うのでいろいろ話してると、典型的な症状のひとつに「考えていることと違う言葉が出てきてしまう」というのがあって、まぁこれ俺もあるなーと思いました。ただ僕は、発達障害のことは決して詳しくないですが、判ったところでどうするの?と思う気質なので気にしてないんですけど。
 ちょっと暴論かもしれませんが、本を読んで「私はこういう障害だったんだ」と知ってラクになった、という人を否定はしません。でもそれで周囲の理解を得られるとは限りませんし、直せるわけでもありません(障害なら)。それならそんな気休めなんかよりもっとやらなきゃいけないことあるね、という。