素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


吹けば飛ぶ同情は不要

NEW LOVE (通常盤)

NEW LOVE (通常盤)

 新生B'zとも言うべき布陣の本格的始動作。前作のキャッチーさを引き継ぎながらも、余分な音を削ぎ落として骨太なギターで押すHRに寄せているアレンジがまず目立つ。声明でも感じたけどドラムの違いとかすごく解りやすい。
 コンパクトでR&Rなタイトルチューン「マイニューラブ」で始まり、序盤は「兵、走る」~「マジェスティック」とタイアップナンバーが惜しみなく連発して聴きやすくなってるのですが、中盤では最新のB'zがやりたいことをこれでもかとぶつけてくるような構成になってきます。ゴリゴリのHR「Da La Da Da」や、久々にジャムエンディングが聴ける「Rain&Dream」あたりは待ってましたなファンいそう。
 稲葉節の歌詞もさらに間口が拡がっているというか、救いようなく行き詰まった男の独白「俺よカルマを生きろ」や、肩の力を抜いていても素敵な日々は送れるんだと稲葉らしいメッセージも感じ取れる「ゴールデンルーキー」など印象的なものが多いです。「SICK」はベースとハモンドのソロがそれぞれあるのですがこれがべらぼうにカッコいい。新しい演奏メンバーの自己紹介にもバッチリな作品になっていますよ。

 B'zの好きなとこを楽曲以外で言うなら、譲らない芯がしっかりある一方で常に新鮮な仕事に挑む姿勢、彼らの音楽好きと謙虚な人柄です。このアルバムにはそういう人間的な要素もかなり盛り込まれている(というか自然に表れた)ように感じました。現在回っているツアーはほぼ最新曲で固めたセットリストみたいですね。