素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


白い声に魅せられて

http://takachi.hatenablog.jp/entry/lunkhead

 ランクヘッドよく聴いてたなー。ただ当時流行した独白系のバンドって結局、心底共感できずに離れたものばかりだった。孤独とか無力とか絶望とか言うけど、いや確かにそう思いたくなる時もあるけど、僕は音楽にもやっぱりハッピーを求めるんですよね。救いのない歌も勿論好きだけど、やっぱりどこかエンタテインメントを求めてる。独白をつらつら重ねて「大衆に理解されなくてもいい」とか言うスタンスのミュージシャン大嫌いでね。だったら仕事にすんなよって。自室に籠ってPCとヘッドホンでオナニーしてろって思う。

 …えーと彼らの悪口じゃないですよ(笑)そういうバンドについての持論です。今のランクヘッド知らないから悪口も言えないし。

 で、まぁこればかりは仕方ない気もするけど、僕にとってのミュージシャンに御法度なのは「金の話」。そんな話聞かされたら音楽に別の気分が入り込むじゃないですか。しかも狡いミュージシャンだとファンからの支援を得るための伝家の宝刀みたいに口にするんですよカネカネカネって。坂本サトルそうでしたからね(今もだが)。音楽だけで飯を食い続けるのはとても難しいと思います。でもね、ファンに金銭的な問題を開示して、ファンなんだから支援して!俺は君たちが大事!みたいなインチキ宗教の供養と同じ行動を始めたらもうアウトですよ。

 上記のブログでも見たけどランクヘッドほどのバンドが集客のアイデアとして「曲を売る」という根本的なことも実践できていないというのは大問題と思うんです。戦略の筋道を作るマネージャーが必要ですよね、自分たちで何もしないんだから。ファンの意見を集めて販促活動に使うというのはアリだと思うので、「チケットが売れません。何か方法ないですか?」と聞いてもいいですね。悲観的になると本当に何もできないからね。

 同じバンドを何年も続けてきたことはやっぱり拍手したいです。これからも頑張って頂きたい。ただしもっと時代にアピールするやり方でね。2000年代はとっくの昔です!