素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


毅然と?

 結構前に書いた日記なのですが、丁寧なコメントを貰ったんでこの方がまた見てくれていることを祈りつつレスを書いてみようかと。

 亀梨に対してカスという形容を使いましたが、それをそのまま「人格」に当てはめて解釈できる書き方をしたこちらにも問題があると思いました、今になって当時の日記を読むと。
 「サプリ」も「たったひとつの恋」も数字がダメで、色んな所で叩かれて、去年はマスメディアの持ち上げと現実とのギャップに亀梨本人も相当悩んだのではないかと。グループでもやりづらい位置にいた(この辺あんま事前知識ないです)ように見えたし。

 ただ僕も芸能界で仕事をする彼自体を叩き続けるつもりは決してないです。そちらがファンの方なんで知識があるだろうという前提で話を進めますが、この日記でも僕はMAはじめ幾度もジャニーズのネタを書いてます(姉の影響で)。まぁ、殆どのMA担当の方がそうだと思いますが、今のJr.の知識は正直さっぱりです…。知る気もない。ただ亀梨に限って言いますとMJの頃から知ってましたから(田中聖が早口言葉やったりしてた頃ですw)好き嫌いはともかくとして大きい仕事は大体知ってますし、勿論問題の金田一も、マガジン誌上でしたが発表された時から違和感とともに記憶していました。日記では、原作者が同じって理由で引き合いに出しましたけど、あれだって初めて金田一がドラマ化されたものならどう評価してたかはわかりません。演出だって違っただろうし。だから亀梨を名指しで批判する体制ではなくてドラマ自体を指すべきだ、という気持ちは、当時の日記を客観的に見て思います。

 全然関係ないですが昨年の赤西の一件や、先日山下君のの少クラPremiumインタビューを見て思いましたけど亀梨を直接批判するほどの傾向は以前と比べると自分の中になくなってます。「今の世代(具体的に書くと99年以降にミドル扱いされたようなJrですかね?)は苦労を知らない」と未だに思ってますが、亀梨は間違いなく苦労していますね正に今(笑)。そういう意味でも今後それほどファンの方を複雑にさせる発言を残すことはないかと。日記はそのとき言いたいことを言うつもりで書いているので訂正はしませんが、何かの縁だと思ってまた見に来て下さい。素直に書きますと、ここまで率直に意見を言って頂いて、それを痛いなどと思うようなひねくれた解釈は全く持っていませんのでご安心を。