素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


パフェちっく!

 バイト仲間の子が「面白いんで!」つって15巻までまとめて貸してくれた。少女漫画なんかホンっトに何年ぶりかで読んだけど、気がついたら一気に読んでました。ストーリーは思いっきり少女漫画の定番と思われる展開じゃないかと。少女漫画は数えるほどしか読んだことないし、知識もないんで説明とかは出来ない。ただ率直に感じたのは、人物の心象風景っていうか、それを全て表情に描いてる部分が面白いと思った。昔から思ってたけど、少女漫画って少年漫画と違って説明的な場面がないのがいい。主役がないがしろにならないし、メインキャストの心の動きを丁寧に描くなと正直感心する。
 この漫画についての具体的な感想をもう少し。まず風呼は泣きすぎです。でも何ていうか、最近の少女漫画はアホさを前面に出した子が主役なんですね。元気だったり、悩んだりするだけじゃなく。壱は頭くる笑。この子不器用にも程があるなと…。伊織さんが登場していきなりその辺の気持ちに敏感になりすぎたのはちょっと気になったけど、まぁ素直な子だなと思う。大也みたいな子も定番です、かませ犬的な(失礼)男の子。何か常にかわいそうなんだよ。壱の陰がちらつく風呼に必ず気付いていて、自分はそれを何とかしたい「けど」的な…。この漫画のキーパーソンは秋桜先輩と古都(笑)。こういう一癖も二癖もある「味方」がいてこその少女漫画でしょう。

 正直借りた時は「少女漫画かよ」とか思ってましたけど、何だかんだ読んじゃうもんだなー。普段この手の物語と接点なくても、読めばうわーと思うところでうわーと思うし、切ないシーンはせつねぇなぁと思う。何つーか、いい意味でひねりがなくて、素直に読めていいですね。児童文学を読んでるみたいな…。*1

*1:上のこれ別に14巻が面白いとかじゃなくて、表紙の絵が3人だから選んだだけです。