素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


表紙で決まるぜ名作は

 割と時間が取れたので積読本をさくさく読めました。

恋と罪悪/たうみまゆ

恋と罪悪 (マーブルコミックス)
 好きな漫画家がまた増えた!! 嬉しいです。
 5編の短編が収録されていてキスシーンすらない話が多いのですが、なんでしょう気持ちが大事なんですよ気持ちが!!
 最近かなりBLを読んでる僕ですが、この本は新鮮さで満ちています。ベタな設定も見せ方ひとつで斬新になるのですね。特に「2/3の世界」はその切り口が面白かったです。

遊覧船/藤たまき

遊覧船 (ディアプラス・コミックス)
 さすがに面白かった。金でしか気持ちを伝えることが出来ない間宮にとっては救済の結末です。『プライベート・ジムナスティックス』では年齢を重ねる時間的厚みがありましたが、この話は情景描写も含めて時が止まったような雰囲気でした。
 それにしてもこの人の漫画に出てくるキャラってワガママに見えるのに全然ムカつかないんですよね。純粋ゆえの、子どものような想いが描かれているからでしょうか。

好きって言わせて?/山本小鉄子

好きって言わせて? (GUSH COMICS)
 山本小鉄子の漫画は絵とかも安定して読みやすい反面、キャラクタなどが通り一辺倒な感が強く(特に受)、たまに読めればいいという感じです。あ、BL好きな人であれば読んで損はしません。英一とツンデレの話の方がよかったな。
 それよりこれ、こないだ出たばっかなのに105円で発見したんですよ信じきれない…!!

種を蒔く人/テラシマ

種を蒔く人 (マーブルコミックス)
 これも先月発売なのに105円だったのでつい買ってしまいました。ポラリスは苦手でしたが、これは話がまとまっていたし、最初の方で英訳の台詞(横フキダシ)が挿入されてることで、この人独特の文体がかえって翻訳モノのように見えたおかげで不自然さを感じませんでした。内容もオーソドックスなBLだったし、4コマも楽しかった。
 絵とか正直あまり好みではない漫画家なのですが、マーブルコミックスっぽい作家だなと思います。