素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


コンプレックス/まんだ林檎

コンプレックス(1) (ソノラマコミック文庫)コンプレックス (2) (ソノラマコミック文庫)コンプレックス(3) (ソノラマコミック文庫)
 これは本当にBL史に欠かせない漫画ですね。というのも、この漫画は昨今のBLとは期を画する「ゲイの人生」を描いた漫画だからです。なのにBLと括られてしまうのが理解できない……最初だけじゃないですかBLっぽいのは。
 特に僕が驚いたのは、ゲイの男がレズの女と関係を持ち子どもができてしまい、身をひいたもう一人のゲイはオカマになっていた……という展開。普通のBLならタブーとされるこのくだりで、名作と謳われる所以が漸く掴めました(遅?)。
 そこからはもう心の汗がほろほろと。特に孝子の手紙は切なすぎました。これ、絵は苦手だし、題材も大衆向けではないですが(1話なんかただの変態話です)、いい漫画は必ず読みたいという人には手に取って頂きたいです。『金魚屋古書店』にも登場した名作、ぜひ。