素敵な呪文

日々の感想文。気づけば3月で16周年。90年代のJ-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


erを省こう

 もちろん森博嗣の影響なんですが、よく考えたらピーターラビットの翻訳もbutterをバタと書いていたのを思い出しました(名前は知らん)。

1円の男/モンデンアキコ

1円の男 (花音コミックス)
 絵がすごくいいです。大して上手くもないのに局部だけやたらと緻密に描いてる人がBLにはよくいますがこの方は逆でした。アングルとかコマの使い方にも新人に出せない妙があり、さすが著名な方だけあります。代表作『アイスエイジ』は勿論普通の少女誌連載でしたが、よく見れば「あぁそりゃBLでもウケるな…」と納得できます(笑)。
 表紙の印象に比べて中身は意外にポップなカラーでまとまっていました。個人的にはアホっぽい受の話の方が面白かった。元彼女にフェラチオのやり方を聞く男って……。次の本がものすごーく待ち遠しい作家です!

その手を取れば/千葉リョウコ

その手を取れば (マーブルコミックス)
 この人の本では一番良かったです。表題シリーズは年の差カップル。またコンビニもの読んじゃったよ……。いやそんなことより、同性を好きになった自身への嫌悪や戸惑い、学校や家族の目などをしっかり描いているのがいいですね。こういうBLは大好きです。現実に歩み寄らずとも、リアリティが振りかけられてるファンタジィを読みたいものです。結構大胆に絵が変わった印象を受けましたが、ジャンプの二次創作のような昔の絵よりは線の切ない今の絵の方がいいと思います。

嘘みたいな話ですが/腰乃

嘘みたいな話ですが (ビーボーイコミックス)
 相変わらず生々しい描写…特に書き下ろしがすごい。擬音も気持ち悪いくらい連発で、もはやワールドを築いた感すらあります。最初身体のバランスがおかしかったので何これと思ったら古い作品なんですね(1話が4年前)。こんなに昔からリブレで描いていたとは意外でした。