素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


歴史の中のフェスティバル

 前日の日記に星を結構いただいて(ありがとうございます)驚きです。この「今週のお題」は、すごく真面目に書くときと、たらたら書くアホモードのときを混ぜているんですが、今回は思いつきのアホサイドだったので星などつくはずないとタカをくくっていたのですが……。
 さて、星つながりで(?)今日も漫画の紹介を。

キララの星/森永あい

キララの星(1) (講談社コミックス別冊フレンド)キララの星(2) (講談社コミックス別冊フレンド)
 仕事中に目にして表紙・粗筋に惹かれたので買いました。
 ありきたりなテーマは安心できるので好きなのですが、この漫画はそれだけじゃなく、変化球も効いています。テンポもすごくいい。物語としてはもう星君がかわいそうで…(笑)。最初の撮影でいきなり脱がされ、BL映画で見た目オッサンの男とキスさせられ、特撮ヒーローモノなのに際どい衣装と緊縛で川流しにあい、まさに受難です。こんなことすぐやめればいいのに雲母の下に居る理由はマリリン(猫)に惚れたから、です。バカすぎ笑!そんな星君がどうやって雲母を思うようになるのか(一応少女漫画なだけに)楽しみです。
 脇役も必要以上に数を増やしたりはせず、どこかおかしい人たちばかりで、さすが有名な方だけあるなと思いました。この方の漫画は大概ロングランになるので先が楽しみです。