素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


シルク・ロード

 FOOL'S MATEの黒夢インタビュー漸く読めました。兎に角清春がかっこいい。髪切った姿がホント全然昔と変わらないです。「「どう? いいでしょ?」っていうのは今後も永遠にないと思う」との発言にはシビレました。

るったとこだま/藤谷陽子

るったとこだま (あすかコミックスCL-DX)るったとこだま 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)
 どなたかのブログで1巻の感想を目にしてからずっと読みたかったのですが、不思議なほど古本屋になく、2巻が出たのを機に定価買いしました。
 まぁー面白かった(矢作風に)。これから読む人はぜひ2冊まとめて読んだ方がいいです。僕自身、1巻では少し物足りなさがあったのですが、2巻はるったが大きく変わり、さらに脇キャラの投入が物語を彩り、何より二人の絆が深まって、蜜月編と呼ぶに相応しい温かな空気で満ちています。決め台詞も満載で、続刊モノの強みを感じました。
 最近のBLはちょっとひねくれた、スパイスの効いた漫画が多い印象でしたので、こんなに直球でラブラブなBLは久しぶりでした。好きでいるのに理由は要らないよな。「いっかぁ…るっただし」って台詞がすべてを物語っています。こだまの実家に行く話が一番好き。
 1巻収録の幼なじみ関西CPもなかなかでした。