素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


グランド・ピアノ

 もう有線で耳にする曲がだれそれと解らないのが当たり前になりましたが、ケツメイシの「激情」は最近の曲では久々にいいと思いました。トラックがいいですね。あと少し前の話ですが山Pのソロ曲もよかった。改めて聴き直すような熱心さはありませんがね……。

夢中ノ人/田中鈴木

夢中ノ人 1 (バーズコミックス ルチルコレクション)夢中ノ人 2 (バーズコミックス ルチルコレクション)
 ただの夢オチにならず、多くの謎をちりばめ、個性的なキャラが暴走し、とにかく楽しいです。勿論メインは灯司(リーマン)と壮太(高校生)のラブですけれども、それ以外のメンバも「夢」での出逢いを通して日常が変化していきます。特に美輝チーム(灯司側)のメンバがいい。直球キャラの阿久津、陰気な冬生、狂言回しの鮫島(個人的にベストキャラ。不気味なロン毛だったのに、いつの間にかまともな進行役に…)、イケてない女王様・美輝。これらが光輝チームを相手に、小学生並みのいたずらを実行するために奔走します。
 中盤では崩壊気味な設定であるものの、美輝チームと光輝チームとの対立構図は物語を分かり易くしてくれますし、本来敵同士の灯司と壮太の関係に背徳を与えています。
 それにしても絵のタッチが最高ですね。画面は真っ白なのに、線もとかく適当なのに、全然下手に見えない。やっぱ田中鈴木さんいいなぁ。新刊は5〜6月頃かな??