素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


欲望水泳男子/桜木あやん

欲望水泳男子 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)
 見ての通り、ひたすらエロに徹しただけのまさにヤマもオチもない漫画です(ここまでオチない漫画は久々に見ました)。普通なら感想を書かないのですが、この漫画が件の規制強化の過渡期にある作品だと強く感じたので、一言だけ。
 一冊すべてがエロのため描写自体は勿論隠せませんが、性器については殆ど消されてます。ただでさえ中途半端だったピアス流の修正が「見せない」ためのそれになって、これはもう作者も編集も悔しいでしょうね……。
 ただ、作者はあとがきやHPで「悲しい気持ちだけど、これからもがっつり描いてBLエロスを追求したい」と公言しております。BLを読んでない人が見れば本当に単なる有害なエロ本にしか見えないのかもしれませんけれど、それを真面目に描く姿勢がすごいと思いました。普通、規制の煽りを受けて当然の内容を、ここまでは描けないですよ。昨年の条例案可決直後は「雑誌連載中のものはもう本にできないかも」などと嘆いていたBL作家もいる中で、この頑張りは涙モノでした。こんな買いづらい表紙にGOサインを出すジュネットもさすがです。レジスタンス的な意志表明を感ぜざるを得ませんよね。画力や内容は兎も角として、賞賛したい一冊です。
 画面的にはエロで埋め尽くされていても骨格はありますので、やや過激なBLに慣れた方なら楽しいでしょう。絵柄の好みもあって楽しめたかといえば微妙ですが、BL業界の転機となるであろう本年に読んでよかったと思える漫画でした。