素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


水と銀関連/吉田基已

 吉田基已は『水と銀』からほぼ全て読んでいます。出会いは青木君と華海がくっつく話が掲載されたモーニングで、当時僕は小学生でしたが、この絵柄でこんな陰鬱な話を描くのかと吃驚しました。その頃、隣のクラスの子に誘われて30頁くらいの漫画を描いたことがあるのですが、鉄道詩人会を真似たバンドもので、月海のような子が主役でした。と書いてみると自分にとってなかなか大事な漫画ですね。
 前置きが長くなりましたが、水銀関連の作品をまとめて紹介します。

水の色 銀の月(2)

水の色 銀の月(2) (モーニング KC)
 月海メインの話のはずが、気付けばオムニバス……でもこれが水銀だな。森の弱い部分を見たことはとても新鮮でした。
 それにしても等身が低い! こんなにちっちゃかった!??と感じたものです。特に星君なんか小学生じゃないですか笑。当時全く意識してなかったけど、『恋風』でロリ系の趣味の連中がついてきたのも無理ないですね。
 どの話も、思春期などとうに過ぎた男の脆さが滲み出ており、個人的には大変好きな本です。いつか続きを!!

夏の前日

夏の前日 1 (アフタヌーンKC)
 でこちら、最近存在を知って即買いしました。青木君が美大にいた時の話で、水銀メンバも勿論森と華海くらいしか出ません。ですがこれはやられた!! 絵柄はかなり変わったものの持ち味は消えていないし、寧ろ画力は格段に上がりました。
 ヒロインの晶には浮世離れした印象もあり、この漫画の空気を独特にしています。華海に惹かれる結末になるのはいいとして、ここまで劇的に結ばれた晶とどう離れるのか、青木君若かりし日々の顛末が気になるばかりです。また楽しみな漫画増えた!!