素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


サン・グラス

 読書メーターを見るとあまりにもマイページが女性向け漫画ばかりなので、何故だろうと思ったら少年・青年誌は殆ど雑誌で読んでいるためでした。それにしたって少ないな。マガジンがオタク受けを狙わないまともな漫画をやってくれたらいいんですが…今単行本買ってもいいのはあひるの空ぐらいです。

晴天を誉めるなら夕暮れを待て/ASKA


 C&Aは小学生の頃からかなり聴いています。結果的にはB'zやWANDSに流れるわけですが、彼らがビーイングと大きく違ったのは「気さくなあんちゃんがものすごいイカした歌を歌う」という印象でしょうか。CHAGEのはじけたダンス(?)も好きでした。
 と言いつつ今日はASKAソロなのですが。この曲を初めて聴いた時は大衝撃でした。というのもこの直前にC&Aでは「めぐり逢い」をリリースしてまして、あまりの違いに吃驚でしたし、それまでに聴いたC&Aのどのロックナンバとも違う、と直感で思いました。節回しは勿論、何よりもメロがすごい。一旦緩めてサビで爆発するBメロとか神業です。
 ここで言うことではないですが、僕は生きる上での信条というか目的がありまして、その観点から見ても大へん素敵な歌詞がこの歌最大の魅力です。題名も素晴らしいですね。100万円のコピィです。