素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ティグリス・ユーフラテス

 ここ最近、一般漫画のレベルの高さでBL熱がなく、これではいけないと思って(?)BLモードをかっちり入れていこうと全くのやおいをワザと読んだりしていました。ですがあぁいうものは二度読む気など起きません。「読み終えたとき、もう一度最初の頁を開きたくなる」のが僕の選ぶ面白い漫画なので、それとかけ離れたものを読んでいては本末転倒というか、結局気持ちも盛り上がらないですよね。
 そんなモチベーションを掬い上げてくれたのが、今日紹介するBLです。やっぱり同級生はいい……!

放課後の不純/梶ヶ谷ミチル

放課後の不純 (Feelコミックス オンブルー)
 書店で見かけてずっと気になっていただけに、中身への期待もそこそこあって、さらに携帯配信漫画の単行本化は正直アタリだった試しがないので心配でしたが杞憂に終わりました。よかったなぁ実に!画力やネーム等の完成度は決して高くないものの、性に貪欲だったり心揺れたりと、おそらく最も多感な年齢の男子を素直にまじめに描いている、そんな感じがします。当て馬に幼馴染みのお隣さん(しかも帰国系)を用意したり、教卓に隠れてエッチしたりと、如何にもBLですねと言わんばかりのシチュエーションが満載なのに全然くどく見えないのはこの空気のおかげじゃないかなと思いました。あとカバー絵が素晴らしい。好き合ってるはずなのに、高校生の男子の距離感が上手く現れている。表紙買いする人多いんじゃないでしょうか。
 onBLUEという新レーベルけっこう期待しています。まず一作目は勝ちでした。早く雲田さんの単行本でないかな。