素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


真っ赤なLipのグラデーション

 ついに発売!!!

真っ赤なLip (通常盤)

真っ赤なLip (通常盤)

  • アーティスト:WANDS
  • 出版社/メーカー: D-GO
  • 発売日: 2020/01/29
  • メディア: CD

 ファンクラブWANDER-LANDもNEOとなって復活しますよ!(多分入る)

 BARKSのインタビューも出てます。聞き手が斉田才じゃなくてちゃんと烏丸さんなのは嬉しい!

www.barks.jp

 気になった発言を一部まとめておくと、

上原は、上杉昇が歌った風味・テイストを持ってて、すごくいけると思ったけど、全然違うテイストだったらWANDSをやるっていう気持ちや勇気を持てたかどうか(柴崎)

 柴崎が上杉の名前を出すのはこれが最初かな?あと、その辺のリスクの大きさを想像できるのは、やはり上杉の凄さも勿論だけど、3期の総スカンっぷりを端で見ていたからだろうなぁとも思う。当時「WANDSの名前を使わずにやれば普通に良かったのに」という意見を何度見たことか。

ほとんどの人から否定されるだろうから「半年〜1年くらいかけて新しいWANDSを作り上げて、それまではひたすら我慢だ我慢だ」と思っていた。でも実際始めてみたら予想以上に皆が応援してくれた(上原)

 新しいWANDSを作ろうという意志がメンバー感に共有されているのは安心というか素直に嬉しいです。過去の名曲を生まれ変わらせてくれるのもいいんですが、新曲ですよね、本当に期待してるのは。

昔の自分を再現する意味も含めて一本足のキーボードスタンドで首振ってやりましたけど、今後コンポーザーとしてどうしていくかは思案中です(木村)

 楽曲に関しては昔の再現より今のメンバーのオリジナリティをちゃんと表したものをどんどん聴かせてほしいです。でもステージングは落ち着かないでーー木村ーーー!!! ガンガン揺らして振ってほしい!!なんならショルキーお願いします*1!!!笑

 
 今年はFOVも期間限定復活する(未発表曲めっちゃ楽しみです)けど、WANDSはそれと違って思いっきり再始動なのでしっかり支援していく所存。年内にアルバムを出してくれたら最高ですね!宜しくお願いします!

*1:小室哲哉なんかほぼ還暦でやったぞ!