素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


不思議ちゃんなんかじゃない

 すごい漫画に出会いました。

クールドジ男子(1) (ガンガンコミックスpixiv)

クールドジ男子(1) (ガンガンコミックスpixiv)

クールドジ男子 (2) (ガンガンコミックスpixiv)

クールドジ男子 (2) (ガンガンコミックスpixiv)

 今まで全然知らなかったんだけどかなり人気みたいですね。もうすぐ出る2巻ではグッズ展開もあるとか(しかも三菱鉛筆とコラボとかすげぇ…)。フルカラーは嬉しいんだけどカラーである意味はあまり無い漫画だしA5判だしで買うの少し躊躇ったんですが、結局新刊書店で買ってしまった。*1
 何故これが凄いかっていうとですね、キャラのルックス以外は僕そのものだからです。現代的シンパシー。そう言われても仕方ない。あまりにも覚えがありすぎてビックリしました。
 出だしから「間違えて店員に財布を出す」あったー。忘れ物や落し物は大得意だし、勘違いももはや十八番。押ボタンの押し忘れ(押したら夜間限定信号だった、というのもある)、ビブスを裏返しに着ける、カップの飲み口を間違える、シャープペンの上下を間違えてしかも押して刺す、ストローの空振り……挙げたらキリがないほど経験済みのスーパーリアル男子がそこに。
 衝撃だったのが蒼真。自分のドジって自分だと笑えないんですよね。いいなぁこういうリア充ドジ……。逆に颯は自分そのもので、ドジに恥をかいて思索にふけって自分を前向きにするのは日常です。ただこれまでの僕はどちらかというとドジを大袈裟に振る舞うというか、うわーとかヤベェとかいけねとかミスをすぐ口に出すタイプ。なので周りにも「几帳面に見えるけど意外と人間味がある」とか批評されていて、自称もうっかり八兵衛またはウルトラヌケ作。でもこれを読んでから、あぁそういうキャラってもうウザいだけだろうな、ドジなら黙ってやれって時代かもなとか思い始めてクールドジを目指し(?)あまり騒ぎ立てないようにしてます(笑)。

 あ、漫画は絵もかわいいし素敵なキャラばかりなので誰でも楽しめます。こんな色々考えなくてもいい漫画です。pixivに大半が公開されているので未見のひとはこの機会に是非どうぞ。

*1:今後店舗の売上は厳しくなるでしょうから。