素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ウツボカヅラテヅルモヅル

 先月は仕事をする気が全く起こらず、大抵を外回りしているフリして資格の勉強したり本読んだり求人サイト見てエントリーの準備したりしていた。モチベーションが上がらないと一言で言えばそうなのですが。自分で全て承知しているとはいえこんな安月給で何故周りの人たちよりも売上を立てなきゃいけないのかとうんざりして訪店する気の失せる時が年にふた月くらいあります。あと上司のいい加減さね。こんな調子の自分が言うのもなんですが、古い人達でうだうだ話し合ってる時間があまりにも多すぎるんですよ。ひとり声のデカい上司がいるので会談の内容が筒抜け。パーテーションの意味あるのかそれ。いやその結論は解決策にもアドバイスにもなってないからねと毎日つっこんでます。コロナ禍で今までどおりに事が運ばないのは皆同じ。そしたら売上はともかくとして、こんな時だから何か新しいアイデアで成果を挙げてみないかと何故誰も言わないんだろう。面倒なんでしょうねただ。定年もすぐそこなのに今更面倒なことやりたかないよ、兎に角ねじこめー!っていうスタンス。そりゃ若手が残らないはずですよ。
 今の会社は本当好きだしラクだし何も言うことないんだけど、そうやってぬるーくやっててどれだけ今の生活変わったんだろうかと最近思う。水は低い方に流れる。ただでさえ上昇志向のない僕は、この楽さを順調ととらえてしまっていないか。かっちりした仕事の中で限られた時間を真剣に自分のために使うということをしたい。