素敵な呪文

日々の感想文。本年3月に15周年を迎えました。90年代のJ-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


カフェはカオスのたまり場

 5歳児を餓死させた母親とその知人が逮捕された事件、大々的に報道されていますが、この知人の写真はあまりに……なんていうか、心って容姿に出るんですよねやっぱり。怪しい人って何故に判で押したような怪しい見た目なんだろうか、って中身がそのまま出てるんだと思います。髪型とか眼鏡とか装飾品みたいなところにさえも怪しさMAXで攻めてくるじゃないですか(笑)。
 ただもうひとつ、騙されるほうにも原因があることを忘れてはいけません。世の中をよく見渡さないと。目の前にいる変人よりももっとまともな人がいますから。


 全然関係ないけど、女の話に割り込んでる男って端から見ててもお前邪魔だろと思う。大抵うるさいし。俺も気をつけよ。


 99年に再始動して以後の10年間はかなり散発的な活動になってしまい、結局2人が邂逅を果たすことは無く残念な終焉を迎えたチャゲアス。ただし事実上のラストアルバムとなったこちら、その10年間では最高の出来。それが余計に残念さを醸してますが……。熱風ライブを終えた後ぐらいからASKAが本格的におかしくなり始めたようなので、このレコーディングやツアーではすっかり関係も冷えきっていたものと思われます。しかし「Man and Woman」「僕はMusic」等シングル曲は勿論、他の曲も素晴らしい。特に「Wasting Time」「ボクラノカケラ」などCHAGEの曲がカッコいい!90年代には目立たなかったUKロック風味のハネた楽曲です。
 人間関係がこじれてしまった(できない理由がはっきりした)グループなので現状は仕方ないですが、最後の最後でこういう傑作を作ってきたことを思うと勿体無いという言葉がどうしても出てきてしまうな。