素敵な呪文

日々の感想文。本年3月に15周年を迎えました。90年代のJ-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


こちらも思わずマジっすか

 書かずにはいられない。

 第44回日本アカデミー賞草彅剛が最優秀主演男優賞、出演作『ミッドナイトスワン』も最優秀作品賞に輝きました。心からお祝い申し上げます!

 この賞既に映画ファンからもガン無視というかこき下ろされてる程に時代錯誤なイベントになりつつありましたが、大手配給会社や芸能事務所の斡旋でない、公開規模とか興業収入に由らない、協会と大衆が認めたと言える正当な評価による授賞には誰もが湧いたはずです。特に主演男優賞、剛の他にはもう誰が獲ってもあぁそうだよねと言わんばかりの所謂“話題作”の人ばかりでしたし。ホント民放テレビ連中の、公開時のシャットアウトぶり酷かったですからね。これから掌返しが始まるかと思うとムカつくんですが、会場の皆が受賞を喜ぶ姿はやはり気持ち良さが勝ってて、トロフィー片手に退場する剛を囲む4人の男優の破顔と拍手にはただ感涙でした。

 何の因果かと思うぐらいメンツも良かったですよね!菅田将暉金スマでも剛との企画の話してたから流れ的にも嬉しかった。佐藤浩市って昔のアカデミーでのスピーチとか見てて結構気難しいというかTHE役者ってイメージがずっとあるんですけど、新しい地図のスタートからずーっと気にかけてくれて、ななにーにまで出て、今回もめっちゃ嬉しそうだったのが印象的でした。あとやっぱり二宮ね。別に仲良い訳じゃないでしょうが(笑)、グループから個人になった二人が、結婚とか第一子とかいった人生の大きな節目にこの舞台で再会したことは凄いことだったんじゃないかと思う。空気とか立場から見ても二宮から絡むのは難しかったと思うけど、さらっとニノちゃん呼びしてそれをやってのける剛は凄かった。にしても「ジャニーズとの初共演」とかホント民放ってゲスなコメントをするよな。授賞式なんだから当たり前だろ。てめえらがメリーと結託してその場を奪っておいて何を勝手に、と言い出すとキリがないのでこの辺で……。


 日本アカデミー賞について言うと、近年本家アカデミー賞でハリウッド以外の作品、東洋人の台頭等の新風が吹いてるのが影響してるのかなと感じました。それから賞自体の話題性や権威性の向上を狙っているとか……まぁ色々考えても、やはり最近のどん詰まった「悪しき風習」を実力で打ち破った素晴らしい業績には違いないです。僕も昨年劇場で鑑賞しましたが、正直作品賞まで獲ったのは意外だった。

 剛も言ってたけど、新人俳優賞に輝いた服部樹咲がめっちゃ大人になってて吃驚した。彼女あれで14でしょ? 凄いな。最初がこれだと今後大変だろうけど、ラストシーンの一果のようなタフさで頑張ってほしい。重ね重ねおめでとうございます。


 森くんのSG初制覇とか(いま療養中ですが)、SMAPはもともと超人の集まりなんだなと今更ながら感じます。ムビコレかな?「SMAPにはやはり大舞台が似合う」と書いてたけどホントそう思う。なんだろうな、大舞台を利用して売名したり特定を傷つけたりとかせずに、自分の輝きで大勢を照らす太陽みたいな人たちだと改めて思った次第です。