素敵な呪文

日々の感想文。本年3月に15周年を迎えました。90年代のJ-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


最後の覚悟を決めていく

 昨日面接したばかりなのにもう内定通知が来た。「広告費もかかるし、これで決めちゃいたい」って感じだったのかな多分(笑)。面接担当者はホントにいい感じの人達だったんだけど、オフィスがなー古いビルにうず高い資料の山、昔のドラマに出てくる出版社のような佇まいだった。人を招く上ではまずい気が……地震が来たらやべぇな。今の勤め先がTHE会社って感じのワンフロアぶち抜きの長机にPC並べてパーテーションによるMTGスペースだらけビル清掃も存在みたいなとこなんで余計にそう感じる。まぁ脱オフィス化が進む今、会社に必ず来いとさせるそれなり規模の会社よりは、変革の舵を切ってくれそうな気はしますね。色々と融通も利きそうだし。

 今の会社には殆ど不満がなく、契約上の問題と、自分がいる部署の存続見込みの薄さがなければ転職活動はしなかったと思う。1~2年後になって「すまない他を探してくれ」と言われても、その時じゃ年齢的にも遅すぎるリスタート。いやそれだけなら頑張れたけど、もう世の中どうなってるのか全く想像がつかないじゃないですか。いつでも切られておかしくない立場よりは、多少リスクを負ってでも今のうちに飛び込まないととは思うのです。