素敵な呪文

日々の感想文。本年3月に15周年を迎えました。90年代のJ-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


会社の入口で日記書く

 教習所内でクルマ乗るのに慣れてきたので、今日は技能のみ。キャンセル待ちも初めて使った。2時限受けて坂道とS字・クランクだったんですけど……思いの外、うまくできてしまいまして……教官も、えーいいじゃないですか!低速作れてる!感覚掴めてきてますね!とベタ褒め。嬉しいけど本番(検定)が怖い!練習ができすぎると!車庫入れは不安かなー。つまりはテンパっちゃいけないってことですよね。切り返しとか特に。テンパリストだから本当に毎回深呼吸してましたよ……。
 だんだん気づいてきたのですが、この通学してる感がなんだかんだ楽しいんですよね。教室で講義聞くのが当たり前の大学生には解らないだろうけど。そう思うとこの歳で通い始めたのは飽き性の僕にとって正解かもしれない、結果的に。さすがに社会人10年やってると学生時代ほどサボり癖も酷くないしな(笑)。


空のはじまり

空のはじまり

  • アーティスト:本田修司
  • EMIミュージック・ジャパン
Amazon

 こないだ過小評価の名盤10枚で取り上げたやつです。彼はやはりストIIの主題歌や熱闘甲子園の「絆」が有名ですが(今思うとすごい強いタイアップだな)、アルバム楽曲にはシングルを凌駕する名曲が沢山あるんですよね。もともとカップリングナンバーだった「今の僕、僕じゃない」から抜群のキャッチーさで幕を開け、続く「始まりの道標」はピアノメインのイントロから躍動感全開、覚えやすいサビも素晴らしい。中盤にも本田のテーマソングと言えそうな「青い魂」やダークな世界観の「少女の白い羽根」など全く抜かりのない楽曲が並び、間を取って収められるシングル4曲をうまく繋いでいます。
 Amazonにもマトモなジャケ写があがってないからリアルで見つけるのは大変かも。ハスキーボイスが好きな人は是非聴いてみてください。