素敵な呪文

日々の感想文。気づけば3月で16周年。90年代のJ-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


さすがにトサカに来てしまう

 今のコロナ感染増大については、正直前よりずっと怖いと思っていて。政府のやってることがクソなのはちっとも変わってない。むしろ民衆の意識が完全に削がれましたよね。自分達だけ言うこと聞くの癪だという気持ち本当に解るんですが、政府の悪口言うならお前もちゃんとしろって。たとえば教習所でもカフェでも僕は机と椅子を必ず自分で消毒して座ります(勿論抗菌手袋履いて)。ところが周りだーれもやってません。意識高い系に見られて結構、よく座れるよなってこっちは思う。今蔓延しているのは名前こそ新型コロナで一括りにされていても、牛歩戦術で接種を進めてる(んですよね?)ワクチンもほぼ無意味となる新種なわけですよ。未知のウイルスなんですよ。なのにその緊張感とか危機感が徹底的に消滅させられてる空気どうした?っていうね。
 一番許せないのが、子どもにマスクさせない親の多さ。あの、僕1月の罹患時に体感しましたけどフツーに陽性の子ども何人も同じクリニックに来てましたよ。みんな「怖いウィルス」に感染した恐怖とPCR検査への嫌悪(粘膜取るのが痛い)で阿鼻叫喚状態で。あれだけ泣きわめいてたらさぞウィルスが撒き散らされていることだろういやそんなことより、コロナですねぇと診断受けた時の、一瞬の間を置いて泣き出す子どもをなだめる親と医師。そんな場面を想像し用心してる親がどれだけいるのか。つまり夏場暑い思いをしてマスクを着けていられない子どもは仕方ないなんて言ってるほうがバカなんですよ。何故外に出す。電車に乗せる。子どもを守らない。外に連れていけないなんて困るとか無理とか全部言い訳です。今コロナ禍を狙ったサービスなんて溢れるほど身近にあって、外出しなくても十分子どもを楽しませてこちらのやるべきことを済ませる(買い物とか料理とか)方法が幾らでもあるはず。やらないのどう考えても怠慢でしょ。親の躾とか言いたいんじゃないですよ。さっきも書いたけど子どもを守れって言ってんです。それをしないのはもう「自分は大丈夫」という勘違い以外の何物でもない。
 そして人の親でない人間は自己責任をもっともっと自覚しようぜ。僕自身罹った身だからわかります、防げるもんじゃないです。罹ったあとが問題。maybe/perhaps/probablyを過剰にしてほしい。俺は私はそんなの嫌だ認めないみたいな恥ずかしいエゴは捨ててくれぃ。こんな調子の首都圏だから、僕は毎日電車を使いますけど乗る時もう「この乗客の3分の1ぐらいは感染してる」と思ってますからね。むしろ罹んないほうが凄いというか罹って軽症ならラッキーてなもんです。

 ついでに言うと電車内のデブとゲームヲタクと缶チューハイ開けるジジイはコロナ以前からずっと公害。