素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


今は余計な荷物などない

 7ORDER project始動から2年半、最初にぶちあげた「ジャンルレス」が本格的に色づき始めてきたような発表の連続でした。

twooutfullbase.com

 顕嵐はやっぱり人前に出てほしい。今もミュージカルやってるけど、映画とかが実際には一番いいんじゃないかと『空飛ぶタイヤ』観てて思ってたんですよね。なのでこの発表凄く嬉しいです。本は内田英治だし相棒役の板垣瑞生は今一番映像作品出てんじゃないかってぐらいの旬俳優だし、脇に渋川さんとかきっちりした人当ててきてるのもなんかこう、ただのアイドル映画じゃありません感を最初からガンガン出しててよきですね。モロの台詞が一言じゃないよう願うばかり(笑)。これは堂々と映画館観に行こうと思います。


flatland.jp

 こーれは驚きました。随分前から準備してたんだろう。ピザ波で得たアイデアも活かされてるのかな? というかなんかもう、このコンセプトとか実際のスタッフ(物のほう)とか、もろ僕の趣味じゃないっすか……。


 あとながつがモデル務めたブランドのサイトちょっと見たんだけど結構手ごろな値段でキメすぎないアウターが多くて好印象だった。これなら俺の歳でも全然着れるわ笑。


 今年の活動色々見てると、このグループやっぱり今の形になって本当よかったと思います。もうじきツアーが始まるし、来年に向けた助走がいよいよ始まった感がありますね。実は昨夜『雨が始まりの合図』の特典DVDをやっっっと観たんですよ。遅すぎますねハイ。でもこう、ハッピーを作ることってそんなに簡単じゃないっていうか、見えないところで色んなものが動きまくって作られているんだなと考えながら観ました。いま再び諸外国で記録的な感染者数が報告されているし、小笠原諸島の海底火山の件とか、キナ臭い話題ばかりが眼前に立ちはだかってきていますが、7人が奮闘して届けてくれるエンタテインメントにハッピーがこめられているのは間違いない。それを丁寧に受け取っていきたいですね。