素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


リブタイラーのお父さん

 ずっと使ってたイヤホンマイクが壊れたので、初めてBluetoothイヤホンを買いました。紛失&忘れ物番長である僕はガジェット管理にも苦手意識があり、やはりどうにもフルワイヤレスにする勇気が無く首にひっかけるタイプ、名称が解りませんがそれの手頃なやつを。ヤマハの名前に惹かれたのもある。
 確かにここ最近、リモート会議でイヤホンマイク使うこと凄く増えたし、Spotifyで音楽聴くこともよくあるのでイヤホンコードがくそ邪魔に感じてはいたんです。ホントこんなブログ書いてておまえ何年前の時代から来たんだよ感ありますよね……。
 YAMAHAだから何なのかは解らないけど音いいなぁ。今までのも決して悪くなかったと思うんだけど、曲を聴くとこんなに聴こえてない音あったんだ!と実感しました。暫く使い続けていくだろうから丁重に扱わないとな。



 BEREEVEの第一次完成を見た最高傑作と言えるでしょう。捨て曲一切無し。シングルではカップリング含め歌謡曲路線を進んでいたところに「Nobody Somebody」でポップさをアピール、そこへ来て幅の広さを存分に詰め込んだ素晴らしいアルバムです。
 1曲目「MOTION IN TIME」からいきなり全シングルを凌駕するパワーポップ、それまでに無かったハネたミディアムナンバー「Painful Rain」、ハードロック調の「眠らないJEALOUSY」で前半大満足。かと思えばバラードやミドルチューンで固めた後半も彼ららしいメロウな楽曲が目白押し。映画タイアップも付いていた「嵐の夜乗り越えても」は珠玉です。著名なミュージシャンが参加しなくてもこれだけのプロダクトを作れるのはさすが月光恵亮とも言えますかね。
 それにしても冴木さん歌上手すぎる。この声質は男も惚れますよ!せめてあと1枚アルバム聴きたかったなぁ。