素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


テキサステナビリティーオーレ

渇いた太陽の下で

渇いた太陽の下で

  • アーティスト:BLOW
  • ダブリューイーエー・ジャパン
Amazon

 BLOWの5thAl。4th『BREATHLESS』から1年経たずのリリースにもかかわらず、ガラッと変わったソリッドなギターロックを全編に渡って展開。前作のアレンジがKey.の鈴木メインだったのに対してG.の野中が殆どのアレンジを手掛けていることからこの違いが生まれてるんだろうけど、『夢の降る街』で不完全だった生っぽいサウンドメイキングに成功しているのが本作の大きなポイントです。古臭さがかなり減っててもしかすると今聴かれたら最もウケる作品かもしれません。あと前にも書いたんですけど、沢村大和の歌唱がめっちゃ吉川晃司に寄ってきてる。「最後の楽園」「GOOD LUCK MY DREAM」とか解りやすい。
 先行Sg曲「RUSTY ROSE」はカッコいいですねー。このバンドのカラーを決定づけていると思う。ただアレンジが変わったとはいえ、「君が泣いた夜」「あの瞳を忘れない」等、キャッチーなメロディは健在。アルバム曲は「TRUTH」が一番好き。こういうアメリカンなロックナンバーもっとやって欲しかったな。