素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


顔を見たって思い出せない

 『LOOZ』以来となるT-BOLAN新作。といっても再結成以後単発で出してた曲をまとめたというような性格が強く、LEGENDS以外何も買ってなかった僕みたいなエセファンには嬉しい1枚です。打ち込みが多用されているのは昔もそうで音色が違うだけの話。バラードがどれも似てるのも変わってません笑。嵐士の声の劣化はツッコむと野暮というか、むしろ歌い続けてくれて有難うという気分で聴くのが一番いい。そのくらい歌えてないですから……。父は嵐士がソロで戻ってきた時からちょくちょくライブ観てるのであまり違和感なく聴けたと言ってましたけど。小島良喜坪倉唯子ら往年のサポートも参加してくれてます。特に冒頭のロックナンバー3曲は嵐士が全然歌えてないので実質ツインボーカルかってくらい坪倉女史が活躍。バラードのほうがやはり声は出てます。「声なき声がきこえる」は僕の好きなT-BOLANが帰ってきた感が凄くしましたね。ただ作中でも1、2の人気なんじゃないかと勝手に思ってるのが「Crazy Me Crazy U」!これだけ明らかに90年代のT-BOLANです!嵐士はやっぱりこういうベタベタにアメリカンなロックンロールが一番似合ってる。