素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ah-面白かった25年

 LOVE LOVE あいしてる最終回観ました。1人目のゲスト木村拓哉、いい人選でした。この番組に馴染みある世代にとってはやっぱりスター感ありますし、拓郎は前から一目置いてると言ってましたしね。何より木村がまともに踊る姿を地上波で観たのいつ以来……?斗真と風間、ホントに踊るためだけに来たって感じの編集なのも好印象でした。次のあいみょんと拓郎のトークも素晴らしかった。彼女だけじゃなく、今の若い世代って大御所とか先輩にあれこれ誉められても恐縮するよりマジっすかあざーす、って感じなのがナチュラルでいいです笑。この日だけの新曲「Sayonara あいしてる」もスペシャルで聞き入ってしまったけど、これサビがモロに光一の手癖でしたね(笑)。
 でも実際、拓郎KinKi篠原が一堂に介してる場面(特にプレゼントのとこ)が結局一番良かったというファンも多かったんじゃないかな。泉谷のコメントもあって、拓郎世代にも満足いく構成は見事。さんま*1出すなら篠原が発掘したビデオをあと10分見せろと思いましたね。

*1:この人と松本人志はホントダメになったなぁ。喋りのキレで売ってた人って年取るとダメになるね。