素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


チュチュンがチュン/山本小鉄子

チュチュンがチュン 1 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 29)チュチュンがチュン 2 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 39)
 多作な小鉄子さんが好き放題に描いたという後輩×先輩モノ。これ、良かったのは大学の野球部という点ですね。厳しい部活動の中にも大学生らしい身軽さがちゃんと出ていると思いました。それからこの方の漫画は脇役が本当に濃い!! チュンとタカよりも白鳥(当て馬)の方が印象は強烈です。1巻の口絵も彼ですしね。多分、カップルを考えるとき無理に属性化するのではなくて、生い立ちや周囲の人々の交わり方をすべて含めて作っているんじゃないでしょうか。キャラよりも物語先行で描いている。
 それにしても、自分へのラブパワだけで二人もプロを輩出しているチュン(笑)。チュン自身がなぜ野球を始めたのかも気になります。