素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


何の世話にもなっちゃいない

 角川歴彦が逮捕されました。昨今世間が最もタブーとしがちな「虚偽答弁」という汚点を残してしまったせいで、社会的制裁のほうが甚大になると想像がつく。こないだKADOKAWAの面接受けて落ちた直後に五輪贈賄疑惑が報じられたので、自分は天に守られてるなと感じておりましたけど(笑)、まぁたとえ受かっててもこんなクソ野郎どもがのさばってる企業願い下げでございますわ。
 円谷さん自殺に関する宝島社の件もそう。こういう「言論の自由」ばっか主張して好き勝手やってきたツケが回ってくる時代になったってことですよね。10年以上暮らしてれば嫌でも解りますが出版業界ってホントに老害の吹き溜まりみたいな場所なのでこんなの氷山の一角に過ぎず、冷や汗かいてるバカがわんさかいるだろう。法からは逃れても、罪は消えないっすよ。あんたらの頭じゃ善悪のけじめもついてないかもしれないが。だからこそ裁きが必要なんです。

どこに出かけるべきなのか

 新しいモバイルWi-Fiが今朝届く。あまりの通信速度の遅さに辟易した母から前々からリクエストを受けつつも、契約の縛りから躊躇していましたが、色々吟味するのも面倒になったので一昨日急に鞍替えしました。やっと5Gです。午前中のうちにパパっとセッティング。思いの外早く来たけどちょうど今日は有給消化デーだったので、洗濯とかしながらあっという間に終えることができた。午前中の充実はやっぱいいな。昼過ぎると外はまだまだ日射しが強い。日頃水分を多めに摂るようにしてる上、アイスも結構食べるので、今年の夏は喫茶店に入るとほぼ必ずホットドリンクを注文している。そのお陰か今年の夏はコロナ以外には殆ど体調不良にならなかった気がします。

皇居を囲むミストウォーク

 某出版社で面接。前日突貫で仕上げた履歴書をコンビニで印刷し、今回は珍しく証明写真も撮り直した。撮って知ったけどさすがに20代の頃の写真使ってたのは無理があったな笑。35になるとやっぱ自分老けたなーとKi-Re-iで仕上がった顔を見ながら思う。
 いざ先方に着くと担当者が3人もいてびびったけどいい人たちばかりで、自分も今までの面接に比べると的を射た回答ができたように思う。内定出てることで心が安全だったのかも。
 今日の会社の結果次第で行き先決めようと思ったので来週予定してた面接はキャンセルしました。これは自分が悪いんだけどその会社絶対に自分には無理、刊行物が嫌いすぎる笑。
 夜は予定がドタキャンになったので早めに帰宅できた。加齢と健康を考えると本当はなるべく早めに家にいたいけどもね。しょうがないっすこれはもう。

興味なくても豊富な知識

 夜の用事の前にどうしても散髪したくて飛び込んだ美容室が2時間半待ち。馬鹿げてるので都内に出て昔何度か通った美容院行ったらすぐ施術して貰えることに。ラッキー。我ながら英断だった。

 初心者マークを外しても運転技術が初心者のそれなため未だに三車線とかドキドキしてしまう。

A級トークも見逃すな

 めっちゃ面白かった。戦闘シミュレーションのルールが複雑すぎると方々で言われてて僕もそう感じましたし実は未だよく解っていませんし……でもそれがいいんですよね。何度も何度も読もうと思わせてくれる。
 自分も「大きな組織の中の小チーム」を束ねた経験がありますが、この閉鎖環境訓練ではそういうリーダーに必要なものをはっきり示されてるなーと思い、いつも以上に真剣に読んでしまいました。チームは個人の突出した能力とか人脈の厚さとかなんなら上層部のオキニみたいな要素を持つ人をリーダーにしちゃえば全然作れちゃうわけですけど、どっかで必ず破綻するんですよね。破綻を避けるためにずる賢く安寧の地を選ぶような人もいるけどそれは後々ボロが出るしね。それよりも、上と同じ目線に立てる視野だったり、器の大きさが結局必要な資質なんだよなと痛感した次第。そして何よりリーダーに大切なのは、尊大になることなく自信を持つことと、周りの力をアテにする場面を弁えていること。そんなことをまざまざと見せつけられる巻でした。二宮とか王子とか諏訪さんね。大きな成果で些事をくるもうとする水上のやり方も充分理解できる。あと臨時隊長じゃないのに隊長の風格をガンガン出してる湯上がりのテツジアラフネはますますファン獲得を進めている笑。しかしなんていうのかな、遊真は人タラシだよなやっぱ笑。今回は麓郎とか太一とか自虐に耽っちゃう人も出てたけど、この環境でだんだん皆が最初と違う姿になるのかなと思うと本当にチーム作りは大切だなと思いますね。

スポニチ記者は絶対Y'zファン

 雨模様の日々がやってくる前、つかの間の晴れ間に布団を干せただけですごく裕福な気分になる笑。まだ退職してないけどもうやるべき仕事が殆どないのでフツーに午前中は家事に勤しみ手紙書くなどし、午後はPCのアップデートしてから出かけるものすごいフリーダムな一日。いやこういう日、平日に1回くらい必要だと思う。とはいえ色んなことが山積みでちっとも気が抜けない。

 FIELD OF VIEWが新曲出すの全く知らずアメリカ帰りの父から教えられるという有様。同級生シリーズの新刊も出るの知らなかったし……最近ホントそういう情報疎くなった。書店に行く回数減ったからかな。仕事でお店に行くとやっぱり勉強も兼ねて色んな最新情報を集めるし、現場を見るし、商業施設内だと他のテナントふらふらできるし。

結局お前ふざけるのかよ!(by安井)

 やっとCDで聴けました。表題曲は今風のダンストラックとラップで色づけされたフロアチューン。PVのクール×バラエティ加減はいかにも7ORDERだなーと思ってたら顕嵐のアイデアだったのはめっちゃ意外だった。「Get Gold」は7ORDERの新しいテーマソングにもなり得るロックナンバーですが、少ない音数でリズムを強調していて、ダンスパートを織り混ぜても全く違和感のない仕上がり。これをライヴでどうやるのか早く観てみたい。
 毎回楽しみな楽屋トーク、Get Goalだったことを暴露してましたがあーだからかと納得。それでも、最初に萩谷のNACK7で聴いた時のうわーカッケー!!は変わらず。MIYAVIと三浦大知をコラボさせたような楽曲って感じがしたな。7ORDERにしかできないことを1曲に詰め込むこの構成力は、やっぱり彼らならではのものですね。この曲にSaxを入れるなんて普通のアレンジャーには出てこないだろうし。7ORDERの第2章と言ってもよい、攻めのシングルです。