素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


何故か忘れたキラーチューン

 コロナに対する自分の注意が薄れてきたことを感じつつも、3年ぶりくらいでカラオケ行くというさらなる緩みを生じてしまう。外回り中あまりにも暇な時間ができてしまって……1時間だけ……。けど、前みたいに通い倒すようなのはもう無理だな。ヘトヘトになってしまった。大江千里と7ORDER7人分の声マネが負担だったのかもしれない笑。他にもTBCとかBEREEVEとかTMといった、腹を使って声を出すようなのを歌ってきました。そう実は腹筋を使いたかったんです。なんか最近腹出てきてるから(当社比)。

顔を見たって思い出せない

 『LOOZ』以来となるT-BOLAN新作。といっても再結成以後単発で出してた曲をまとめたというような性格が強く、LEGENDS以外何も買ってなかった僕みたいなエセファンには嬉しい1枚です。打ち込みが多用されているのは昔もそうで音色が違うだけの話。バラードがどれも似てるのも変わってません笑。嵐士の声の劣化はツッコむと野暮というか、むしろ歌い続けてくれて有難うという気分で聴くのが一番いい。そのくらい歌えてないですから……。父は嵐士がソロで戻ってきた時からちょくちょくライブ観てるのであまり違和感なく聴けたと言ってましたけど。小島良喜坪倉唯子ら往年のサポートも参加してくれてます。特に冒頭のロックナンバー3曲は嵐士が全然歌えてないので実質ツインボーカルかってくらい坪倉女史が活躍。バラードのほうがやはり声は出てます。「声なき声がきこえる」は僕の好きなT-BOLANが帰ってきた感が凄くしましたね。ただ作中でも1、2の人気なんじゃないかと勝手に思ってるのが「Crazy Me Crazy U」!これだけ明らかに90年代のT-BOLANです!嵐士はやっぱりこういうベタベタにアメリカンなロックンロールが一番似合ってる。

目まぐるしさと尊さと

 ここを書き続けていつの間にか16年経っていたという。意識していなかったので、3月に始めたことも最近まで忘れていた。何度か書いているけど、日記としての意味が自身にあるということが一番モチベーションだった。でもそれなら自分しか見ない密かな日記を認めればいいだけなのに何故不特定多数が閲覧できるはてなで書くのかというとやっぱり吐きたいんだろうし好きなんだと思う。インプットをアウトプットする、それを誰かが見ているという前提で書く文章に落とし込む。それが好きじゃないとできない。
 僕にとってさらに幸運だったのは、それで金儲けをしようとか人脈を形成しよう等といった付加価値を求めなかったところだと自己評価してる。もちろん今も少しも求めていないし、それでハッピーに続けられている。
 いくつか気をつけていることもある。嫌いなものを紹介しないこと、自分の本質的な生活を暴かないこと(匿名性の担保)、記事リンクを少なめにすること(過去記事やニュース記事等)、興味の有無を問わず誤字をしないこと。何よりも自分のために書くこと。これがなかなか難しい、とか言ったほうがカッコいいのかもしれないけどちっとも難しくない笑。自分の日記を読んで一番テンション上がるのは間違いなく自分だと確信している。だからしょっちゅう読み返してるし、いつ読んでも楽しんでる。

 えーつまり何が言いたいかというと、最近更新できてませんがここは大切にしておりますという言い訳でございます。

二死満塁から大逆転

 こういう曲をやれるのがやはりバンドの強み。もともとバンド畑の僕には凄く馴染みやすいサウンドで、好きです。ここ1年くらいで顕嵐めっちゃ歌上手くなりましたよね。2月のアルバムと切り離したのは作風としても正解ですね。「Ups & Downs」はインタビュー読んだ時から楽しみにしてたんですけどいいですねー。ゴスペル調ナンバーってボーイズグループの流行りなんですか?他知らないもので……。7ORDERの空気に合いまくっててビックリしました。これライブで楽しそうだなー。

テキサステナビリティーオーレ

渇いた太陽の下で

渇いた太陽の下で

  • アーティスト:BLOW
  • ダブリューイーエー・ジャパン
Amazon

 BLOWの5thAl。4th『BREATHLESS』から1年経たずのリリースにもかかわらず、ガラッと変わったソリッドなギターロックを全編に渡って展開。前作のアレンジがKey.の鈴木メインだったのに対してG.の野中が殆どのアレンジを手掛けていることからこの違いが生まれてるんだろうけど、『夢の降る街』で不完全だった生っぽいサウンドメイキングに成功しているのが本作の大きなポイントです。古臭さがかなり減っててもしかすると今聴かれたら最もウケる作品かもしれません。あと前にも書いたんですけど、沢村大和の歌唱がめっちゃ吉川晃司に寄ってきてる。「最後の楽園」「GOOD LUCK MY DREAM」とか解りやすい。
 先行Sg曲「RUSTY ROSE」はカッコいいですねー。このバンドのカラーを決定づけていると思う。ただアレンジが変わったとはいえ、「君が泣いた夜」「あの瞳を忘れない」等、キャッチーなメロディは健在。アルバム曲は「TRUTH」が一番好き。こういうアメリカンなロックナンバーもっとやって欲しかったな。

それでも時代は変わってしまう

 日常が充実していると逆に書くことが無いというか……な日々を過ごしています。会社の営業の後輩が退職するので来週からは大変な時間が暫く続きそう。


 メジャー末期の作品はバンドのグルーヴがめっちゃ濃くなっててよきです。この曲すっごい名曲なのに売れなかったのがホントに勿体無い。そりゃシングルカットするよねという。今もたまに口ずさみますもんサビを。あと「針にかかった魚が自由を求めるように」の英詞バージョンがかなりカッコいい!当時のライブではこんな感じだったのかな?TS-Rとかザ・カスタネッツはもっと生で観ておけばよかったわ。

パジャマプレスにスーパーギャング

STILL ALONE

STILL ALONE

Amazon

 やっぱ仍世歌うまいなー。Vガンダムとか西遊記とかまぁ彼らを形容するタイアップはありますけど、所謂笹路正徳プロデュース期がバンドとしてのピークだった気がしますね。この後で野間口とガミーが一度脱退してしまうので内情は色々あったのかもしれないですが、兎に角ヒット狙いのシングル4曲どれも本当にヒットしなかったのがおかしいくらいのキャッチーすぎるド級の名曲。「涙を味方にして」とか最強だろうこの切ないメロディとビート感を残したサビとか当時のJ-POPとして素晴らしいと思います。「answer」「STILL ALONE」はスピッツミスチルをわざと模したような佳曲だし。どのシングルも「カップリングが本来バンドのやりたいことなのかもしれない」ってくらい毛色の違う楽曲ばかりなのもポイント高いです。そういえば2人になってから何度か兄がライブ観てるんだよな。目当てではなく本田修司とか出てるイベントだったと思う。今思うとすごい充実の対バン……。