素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


40代は園芸でガングロ

 ジャニーズの配信ライブ、初日だけ観ました。姉がV6のファンクラブ入ってるので折角だからと思ってたけど、予想以上に充実した内容で吃驚。

 V6は新曲がかなり話題になってましたね。姉も「今、未発表曲まで見ました。。。。。。。ヤバい!!ヤバい!!『Full Circle』がもう(;´Д⊂)(語彙力)この1曲に2500円払ってもいいくらいだ!!ありがとうございましたm(_ _)m」(原文ママ)と珍しいくらいのハイテンションでLINE送ってきましたw ただセトリにパンチが無いなぁって印象。CHANGE THE WORLDとか世界的な知名度考えてと思うけど大した曲じゃないし、ファンは勿論どの世代のジャニヲタも盛り上がるであろうHONEY BEATは好きじゃなく……やっぱ坂本君の膝が気になる選曲だったなーって。ただ、このライブの背後でも色々なことが起きているだけに、40代のグループが未だに6人揃っていかしたパフォーマンスをしてくれることが有難いなとしみじみ感じました。

 僕の中ではメインだったキンプリ。全編生歌、相変わらずレベル高いです。特に神宮寺!去年のドリボで磨かれた歌唱力を存分に発揮できてました!不安定だったピッチやブレスが一気に改善されてて、歌上手いんだねと他G担を唸らせるまでになったことは、今後のキンプリにとっても凄くデカイことだと思います。ただ、あくまで僕の好き嫌いですが岸の歌い方がちょっとなぁ…しゃくり上げる感じが受け付けない。もちろん上手いんだけど、なんか悪いクセがついちゃったな。前はもっとフツーだったのに。
 新曲Mazy Night。観るの初披露以来だったんですけどカッコいい曲だなー。こういうの本気でカッコよく見せられるグループ今キンプリだけだと思う。最後のKPQPも良かったな。他グループのファンにこの名曲、しかもライブのラストを飾る曲として認知してもらえること嬉しいです。
 が、なんといっても今回のハイライトはPrince Princessですよね!!!MC明け、しれっと3本のマイクスタンドが置かれる。ここだけでもう涙腺が……。岩玄のパートを岸と神宮寺がそれぞれ続けて歌い上げ、ラスト♪みんなこの星のPrince Princess~は二人で歌いました。このライブでこの曲を歌うことを選んでくれた二人(KINGもだけど)が最高すぎた。そうキンプリも確かにこの1年で一気にまとまりが出てスキルも向上してホントにいいグループになったなぁ5人も見慣れてきたなぁと思うんですけども!やっぱりPrinceなんですよ!!!じぐいわと俺!!!岩玄ずっと待ってるぜ!!!

 ……ふぅ………とクールダウンしたところでラストの嵐様でした。選曲がなかなか良い(再放送ドラマをアピっただけだったみたいですが)のでHappiness体操以外はほぼ全編見ました。夏疾風とか今やる感覚流石だなぁと。生歌もハラハラしたけど総じて良かったと思います(笑)。嵐はMCが一番楽しかった。キンプリのMC全く面白くないというかJr.かよお前ら!ってレベルだったし、V6もいつもどおり井ノ原と健ばっか喋ることになっちゃうし(今回は岡田も結構頑張ってましたが)、嵐のバランス良いトーク回しは凄く安心して笑えます。特にV6のライブについて語るくだりね、黄金期好きの人にはたまらないトーク。巷では常に不仲説が絶えないし、実際それは半分真実なのだろうと思うんですけど、そういうの感じさせないステージをちゃんとやってくれれば自分はそれでいいタイプ。そうは言ってもこの初日、なんだかグループの絆が深い3組が偶然にも揃っていた感じで、なんか気持ちよかったです。

 しかしこの配信ライブ、演者はいろいろ大変でしょうがジャニヲタ界隈にしてみれば凄くいいシステムですよね。事務所としても、恐らく通常の何十何百倍の人々がチケット買っただろうから下手すりゃいつもより利益出たかもだし、これなら転売屋もいないし。こういう形で利益が出せると判った以上、ライブビューイングとかも積極的にやるかもしれない。

指で語る共通言語

ひだまりが聴こえる-リミット-3 (Canna Comics)

ひだまりが聴こえる-リミット-3 (Canna Comics)

  • 作者:文乃 ゆき
  • 発売日: 2020/05/28
  • メディア: コミック

 シリーズ5冊目。ひだまりは幸福論から読み始めて一気にハマったのですが、この「リミット編」は二人がお互いの想いを再確認するまでのもだもだを時間をかけて丁寧に描いただけでなく、二人の周辺の群像劇としても機能しており、正直殆どBLじゃないなと思いながら(笑)追いかけていました。だけどそれが本当に良いんです。
 リミット編のテーマは、聴覚障碍者が健聴者中心の社会で生活する上での様々な葛藤や孤独と向き合う姿だとお見受けしました。太一と航平、千葉とリュウ、犀さんと愛した人。彼等にとっては特殊でもなんでもないむしろ素敵な出逢いなのに、無理解な社会の大勢がそれを是としない…というか、関わり方が解らない。その荒波が二人の関係を変化させてしまう。主なるは障碍者の孤独ですね。いや、お互いが大切だからこそ、障碍者は「迷惑をかけたくない」と思って身を引いてしまう。それを、向こう見ずながら真っ直ぐで憎めない太一の性格がどんどん突き破っていく。だからこの漫画、太一と航平のBLは物語のほんの一部で、主人公の太一が障碍者とその周りの人々の心と行動を変えていくヒューマンドラマであると僕は捉えているんですよね。そういう意味で、BLはノーサンキューな人にこそ読んでほしいのです。
 今回、太一がSig-nという障碍サポートの会社で本格的に聾や盲といった身体障碍に携わっていくのですが、ハンデがあろうと自分と同じものに触れて同じ気持ちになることはできるという太一の精神はすごく大切だなと自身も考えさせられました。僕は身近に聴覚障碍の後輩がおり、成程LINEやビデオ会議のチャットは凄く便利なのですが、それ以外の場となると彼は遠慮して(諦めて?)出てこないんですよね。その場の空気を味わおうと言っても、音が聴こえにくいだけでその空気のかなりの部分が削がれてしまうことを想像すると、やはり無理に誘えない。太一の思いは実際、物語でも青臭いと批評されますが、行動原理が可か否かじゃなくて純粋な「喜怒哀楽」なのが太一の魅力。「助けてやりたい」「フォローしてやりたい」といった偽善(障碍者から見て)も太一にはありません。これすごいよな!というのを分かち合いたいんだけどそれが難しい、じゃあこうすりゃいいじゃん何がおかしい?みたいなね。これって凄いことですよ。たとえば手話や点字(外国語でもいいです)を勉強しようと思ったことがある人ってかなりいるに違いないけど、習得してる人は本当に少ない。でもこの漫画読むとなんとなく理由に気付くんですよね。僕に限って言えば、言語の壁を乗り越えてどうしても伝えたいことが無かったんだろうと。それはやっぱり偽善だったと思う。だから、航平とのラブが実ったこともBL漫画ファンとして心から嬉しいんだけども、太一が航平を思う心のブレなさに、不甲斐ない自分もすごーく励まされたんですよ。それがこの作品の一番の価値です。

 太一に感化された千葉は、実家に顔を出しリュウに真っ直ぐ想いを伝えます。いや名場面すぎる!!千葉が家に入ってから庭で独り泣き崩れるリュウ。これを涙無くして読むのはムリです……。学生時代の犀さんが教室で声をかけるシーンも、いま書きながら思い出しても涙が出るわ。
 マヤはBLの脇役女子としての役目をしっかり果たしつつ、実は航平と同じ気持ちで太一を見ていたことに気づいてしまい号泣する。ここも良かったですねー。ヤスとマヤはBL内のNLカップルとしてめっちゃ好きです。頑張れヤス!
 そして、今回のMVPはなんといってもじいちゃんですね。あのねぇBLに登場するじいさんばあさんにはかなわない!悟りすぎ!!www 航平が太一との関係にじめじめ悩むのは仕方ないことだとも思える。そこをもうね、だからどうしたって取っ払ってくれるじいちゃんの懐の広さよ……最高です。勿論二人の交際関係はじいちゃん知らないですけど、これね人間愛として見てくれてるのが素敵なんですよ。なんかもう、付き合うとか付き合わないとか大したことじゃないんだな、って一気に霧が晴れるようなことを言ってくれてますよね。そばにいてやってくれって誰にでも適用できる最高の応援だと思う。


 めっちゃ長くなってしまいました。今後は新章がスタートするようですし、航平×太一もラブラブモードになるみたいですし、ただただ期待が膨らみます。こういう漫画に出会えるからBL読んでてよかった。障碍を扱ってるけど難しい話では全くないし、沢山の人に読んでほしい温かい漫画です!

君が描いたあの世界

 7ORDER1周年おめでとう!!!
 昨夜は記念の生配信がありました。


 リアタイ出来なかったので、今朝観ました。占いは全然興味がないんで飛ばすとして(すいません)、やっぱ7人集まると面白い!ファンからの質問に答えるコーナーは7人のトークスキルが出つつも自然体を保っていて、見ていて不安が無かったです。安井の進行ぶりがさすがなのかなこれは。陽気な少年(笑)モロが顕嵐の1周年メッセージ真似してたのはめっちゃ笑いました。disってんじゃんとか言われてるしww

GIRL

GIRL

  • 発売日: 2020/05/23
  • メディア: MP3 ダウンロード

 新曲GIRLいい!早速DLしました。MVも色んな考察を既にファンがしてくれてるのでそれ見ながら何度も感激できました。歌割りに舞台GIRLの展開を少し予想してみるのも面白そう(やっぱり安井メインかな)。


 1コ蛇足を言うなら、ファンのコメントでくだらないことを書くアホが複数いたんですけど、そういうのはもう見慣れてるっていうかそりゃ言うよねってのが7人の本心だと思うし覚悟かなと。僕は全く期待してないです。そういう未来が無いということじゃなくて、楽しみじゃないし望んでない。ハッキリ言っていま彼等が仕事してる人達、やや限られたジャンルではあるけどめちゃめちゃワールドワイドな人気獲得してる人達ばかりですからね。須賀健太とか鈴木拡樹なんて最初から番手並ばせてもらえるの!?ってぐらいの超有名人だし、何より彼らは「事務所の名前取っても全然平気」な一流役者です。7人がそこに行けるってのが嬉しいんですよね自分は。どうでもいいバラエティにゲストでねじ込まれて無理矢理なキャラ設定させられて数年間迷走した割には個人の名前を世間に殆ど覚えてもらえてないような悲しいグループにならなくて済む。格差売りもない。今の道を進んでくれて本当に良かったと僕はずっと感じているし、それを1年間思わせ続けてくれた7人の活動が誇らしいです。つまりは何のマウント取ってんのとツッコミたくなるような頭の悪い野暮レスはやめてくださいねってことですね(笑)。

新たな時代の幕開け(希望)

 新しい出逢い。いきなりガツンと来た。何かが変わりそう、じゃなくて、変わっていこうよという合図ととらえました。小さな革命が始まり出した。冒険(ロマン)に出よう。おなじ星の下。



ジャンスマ・ポップ~シングル集~

ジャンスマ・ポップ~シングル集~

  • アーティスト:Jungle Smile
  • 発売日: 2001/07/18
  • メディア: CD

 Jungle Smileはファンタジーという共有(笑)

チープなPVは20年代仕様

 WANDSニューシングルGETしました!!


 オリコンデイリー1位おめでとうーー!!!


 結構あっさり終わる曲ですが、その辺も90年代に意識されたキャッチーさを敢えて狙ってるような。サビ頭でタイトルを歌い上げるとかモロBEINGっぽくてもはや歓喜。「Just a Lonely Boy」はかなりそのままです。下手にいじらないで皆が聴きたいようにしたというとおりのでき。「愛を語るより口づけをかわそう」はiTunesで購入しました。どちらの曲も上原が頑張って上杉の微妙なニュアンスとかを取り入れに行ってる感じで、凄く好感触。

 初回特典DVD短い!!CD NEWSじゃねぇんだから!!もっと見せろよ!!!袖の上原が登場直前に気持ちをノらせてる場面は良かったです。


 BARKSにも恒例となったインタビューが出てましたが木村ナシ笑ったww これもまたWANDSらしいwwww と言いつつ、やっぱりキムティーが現場のムードメーカーなんだなぁ。これも昔からなんですよね。すごく気配りのできる人なんだろうなというのは感じます。

 ツアーも決まったし(クアトロは絶対狭すぎ)、アルバムは夏かな?第5期の快進撃いきましょう!

抱き寄せ 高まる 君の体温と共に (初回限定盤) (DVD付)

抱き寄せ 高まる 君の体温と共に (初回限定盤) (DVD付)

  • アーティスト:WANDS
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: CD

これ私のバッテラですが

 ダイチャリ(シェアサイクル)登録して使いまくってます。前から気になってたんですよ、街中に置いてある電動アシスト自転車という至れり尽くせりな光景が。結論言うとすっごく便利!駅と駅の間少し乗りたいとか、歩きで行くには離れすぎてる場所とか、これ乗るだけでものすごい金と時間が節約になってる(15分70円で乗れる)。こないだなんか1日で3回乗ったもんね。いまこんな世の中だから電車とバスの機会をできるだけ減らしたくて、そういう状況にも向いてるなーと思いました。
 電動アシスト自転車初めて乗ったんだけど、噂に聞いた「普通の自転車には乗れなくなる」というの解りましたwww ラクすぎる。まぁ自分でバッテリー充電するとかは面倒だし、自転車じたいデカくて重いから自分で買うことは絶対ない。欲を言えばもっとポート増やしてほしいけど、カバーしてるエリアでは大活躍の予感。


 夜、無印のコオロギせんべいが家族で話題に上がり、とりあえず自分は買うつもりだというところから昆虫食の話をしていた。虫はホントに苦手なのでそのまま食うのは絶対無理だけど、昆虫食の発想にはもともとかなり興味があって、海外と比べても日本が取り組みに遅れている事実などもある。そこにこの企業努力はすごいなって素直に思うよと懸命に称賛したのですが、たとえパウダーでもコオロギが浮かぶから嫌だと母は全く乗り気じゃなく早々に猫の動画に逃げていました(笑)。父はアジア圏での出張時に何度か虫を食べたそうで、みんな美味いって言ってたのは事実だがまた食いたいもんではないとキッパリ。ちなみにカエルも同様とのこと。爬虫類は美味しそうだけどなぁ。

 懐かしくなって真夜プリの昆虫食回観た。Prince×Love-tuneの組合せはJr.史上最強だと心底思う。

アーモンドを七粒以上

 朝から上司に電話で怒られる。4月分の営業日誌を早く提出しろ!慌てて書いたけど殆ど覚えてなくてハッタリだらけになった。


 あまりにロン毛化して下手すると宮本浩次になりそうだったので(誇張)、漸く髪切りに行きました。いつも切ってる店が休業してるから億劫で…ホント漸く……。で家から一番近くて且つオシャレめな美容室を予約したんですけど、予想以上に良くて吃驚。今までより1,000円高いけど、これでここまでしっかりやってくれるならまた行くかもしんない。

 サワデーの香るstickを初めて自室に置いてみたんですが、これ凄いわ狭い部屋用じゃないww とにかく匂いが強烈。いや好きな香りだからいいんだけど!棒の本数2本に減らしましたけどそれでも別世界……。でもここまで部屋が変わるんなら続けようかな。

 牛乳石鹸のシェービングクリーム買った。髭が濃くないので2日に1回ビオレの泡洗顔でまとめて剃ってたんですけど、美容室で久々に顔剃りしたらやっぱもっとちゃんとしたの使いたいなって思った。ビデオ通話の顔も気になるし(笑)。そんな今日は夜にビデオ会議がありました。だいぶ慣れてきた。