素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


これも道の途中なり

 棺桶を突き破って出てきたような、新しい別の窓をでっかく開けたような、そんな気持ちです。あとはもう前に出ていくしかない。一日一日、大事にやっていきます。

ハートをきれいに磨くっきゃない

 山口達也の事件については、何から書こうか決められずにいました。他の4人が会見し、山口も退所の道を選んで状況がひと段落したのもあり、ジャニーズファンとしてやっぱ書いてみます。

 もう色んな人が書いてるだろうけど、一番こたえたのは残されたメンバーだと思うんですよ。山口は引責で去ればいい問題でも(事件についてではなく、TOKIOのメンバーとして)、この業を抱えてTOKIOの名前を続ける4人の気持ちを察するにやりきれない。特にリーダーは山口をTOKIOに誘った張本人で、仕事が無いときからの戦友でもあって。その彼が数日後には島茂子としてMステの舞台に立ち、しっかりパフォーマンスしているのを観てプロだなぁと思ったものです。松岡が交替してくれたTOKIO WALKERもリアルタイムで聴きました(殆ど毎週聴いてます)。最初から松岡が好きな歌をかけてメールにじっくりコメントして、完全に番組を変えにかかってるのがまた凄い。DASHは観てないのでよく知らないけど、個人的にはリーダーと松岡がいるからグループとしては全然大丈夫じゃないかなと思ってます。
 ただバンドとしてはどうでしょうか…ひとつ思っているのは、KinKiが多数の一流ミュージシャンを迎えてひとつのチームを作っているように、メンバーに対する変なこだわりを捨てて純粋に良いライブやセッションをすれば、むしろ面白くなるんじゃないかなと期待してます。長瀬もギター弾くから足りないのベースだけなんだけど、そのサポートだけじゃなくて都度サックスとかバイオリンとかゲストプレイヤーも招いてステージの稀少性を高めてみるとかね。
 いずれにしても、起こったことはもう仕方ない。松岡が会見で言ったように、4人を見てTOKIOじゃないと思うならそれまでだし、という覚悟で、TOKIOとしてこれからどうするかなんですよね。頑張ってほしい。僕の中ではSMAPTOKIOKinKi Kids・V6・黄金期Jr.*1ってのはどうしたって特別な位置なんす。

 
 蛇足。そも山口がどうしてこんなに司会とかやってんのかさっぱり解らずにいた。そんな実力あるとは思えないんだよね。太一も似たようなものだけど、多くの出演者を下に見てる感じがいつも気に入らなかった。SMAPやKinKiと比べると、育ての親(メリジュリ)の姿がそのまま乗り移ったような仕事ぶりですな。

*1:滝沢、翼、嵐、斗真、風間、関ジャニはもちろん含む。山Pはなんか違うんだよなぁ個人的に……時代は決してズレてないんだけど。これも蛇足だな。

日系二世のヒクソン田中

 周囲の人の言動に腹が立って仕方ない。「虫が入るから網戸は音が鳴るまで閉めろ」と再三注意しているのに酒に酔った熱い体を冷やすためだけに半端な開放窓でTVを見ている父親。僕がやったと先方からも言われている明らかなミスを「誰がやったんですか」とわざとらしく皆の前で取り上げ僕を晒し者にする先輩。横柄な態度の書店員。満員電車で舌打ちするバカやてめぇのスマホゲームスペースだけ確保するクズ。なめらかに生きることは決してできない損をする気質だという自覚は僕自身あります。それにしたって鬱陶しすぎる。この雨がそれを余計に引き立ててくれていますが、寝て起きたら全てのストレスが別のものに変換されていることを願ってやみません。

 営業先の千葉駅で食べた鯖サンド。駅すごいキレイになりましたよねぇ。


●Today's Beat→眠れない夜/小島麻由美

此処が己の主戦場

 上野の森ブックフェスタに出店側で行ってきました。

 3~5日の開催で、今日だけが雨も降らずに晴れ渡る空。僕はたまたま今日の担当だったのですごくラッキーでした。また、以前から屋外販売とかイベントだと結構商魂を出す性格なので、今日もかなり楽しみにしていたのですが、やっぱり大勢の子ども達がやって来てくれる光景にやる気を貰いました。

 20%OFFなので、佐々木マキの絵本でもあれば買いたいなと思っていましたが、そんなヒマが全くありませんでした……。でもいいや。こういうイベント、本当に頑張ってほしい。今のところ出版社がただ集まっただけの印象なんだけど、ZINEとか文具店とかの協力があればもっと盛り上がると思うな。

全ての感情に蓋をして

 近頃、Venus PeterとかESCALATORSとかCOSA NOSTRAなどちょっとブレイクし損ねた渋谷系リバイバルしてます。懐かしくもあり、とにかく素敵な楽曲ばかり。ICEはブレイクしたほうですけど正直もっと評価されていい気がします。

ICE TRACKS Vol.01

ICE TRACKS Vol.01

 「都会的」「夜の高速にピッタリ」とかよく目にする印象が全くそのままなICE。最初のベスト盤なので結構売れた覚えがありますが、今聴いても新鮮すぎてシビレますねー。透明感と気だるさをブレンドしたような国岡真由美のヴォーカルはシーンでも例を見ず、宮内和之はクラブサウンドと生音をうまく使ってこのバンドのカラーを思いきりクールに仕立てあげています。すごいバンドだなぁ。kozmic blueとBABY MAYBEとGET DOWN,~くらいしか知らなかったんですが、MOON CHILDやLoves make me runなど初期の頃から一貫してキャッチーさを忘れない、小気味いいサウンドが全開です。これは今こそ聴いてほしい!

有名人じゃなくてもお忍び

 会いたくない人と会わなきゃならん時に嫌なのが、会う前の自分の妄想。基本鬱な展開しか予想できないし、今日なんか昼寝の夢にまで出ましたよ……病気だなこりゃ。

ハーレムビート文庫版

ハーレムビート (14) (講談社漫画文庫)ハーレムビート (15) (講談社漫画文庫)

 Harlem Beat熱が冷めやらない。幾つか欠けていた巻数を結局文庫で集めてしまいました。やっぱJ編最高。何度読んでも飽きないっす。それと引き換えにというべきかW杯(ウィンターカップ)編の迷走(?)ぶりがすごくて…当時も、連載終了を知った時「W杯がつまんなかったからだな」と思ってましたから。なるちょと智美の恋愛、そこにサスケを絡めた点、そして何より鵜の原VS筑波など、成程見どころは沢山あるんです。ただ、上南が予選落ちし、見せ場がないなるちょの扱いが雑すぎる。なるちょと比較させるためにサスケを美化しすぎていて本来の生意気小僧風味が全く無いのが残念だし、まーくん(小泉弟)も終始ドタバタしていてなんか見るに堪えないし、澤村が空気なのもいただけない。受験生を毎回登場させたのもよくないと思います(12月に普通は来ない)。*1浩子が会場を飛び出している間の場繋ぎになるちょがバカをやるのもなんじゃそりゃ、って感じで…「宇多田ヒカルがいる!」ってねぇだろそれは(笑)。まぁハーレムだから許される有り得なさではありますが、J編のマジな雰囲気が好きだった僕はすっかり置いていかれてしまったんですよね。こういうところが所謂“スポーツ経験のない女性が描く浮わついた漫画”っぽく見えて、バスケ漫画としてあまり話題にならない(講談社では同時代にDEAR BOYSがありますし)所以なのかなぁと今にして考えます。
 それでも、小学生の頃には見逃していた表情台詞をやはり楽しんでいます。作者曰くガンちゃんとみずきをくっつける構想を持っていたそうで、見受けられる場面がいくつかあります。僕はまぁ悪くないかなと思いましたけど(笑)。

 文庫版には書き下ろしラフイラストが掲載されていますが、大好きだったハーレムビートの雰囲気はもう戻らないんだなと痛感する絵柄でもありました。


●Today's Beat→パラシューター/Folder
 リアルタイムで同世代。歌もダンスも好きだった僕には相当な衝撃でした。馬鹿だったので「負けてない」と思ってましたけど(笑)。彼等のシングルは全て好きでした。大知はミクロマンのOPも歌ってましたね(これも良曲)。

*1:文庫16巻のあとがき読むと作者が書きたかっただけのような気がするし。

縦書き文で判る技量

今週のお題「わたしの春うた」

 季節に色が与えられるとすれば春はどうしても黄とかピンクっぽい。そのせいか、いつもはあまり聴かない女性シンガーの歌が流れてくる。実際に名曲が多いです。

◼桜色舞うころ/中島美嘉
 彼女の曲というよりも楽曲としてすごい。大サビの壮大さとか最高。グッと胸を掴まれたという形容が似合う、数少ない歌ですね。気取って言えば琴線に触れる旋律…とかでしょうか。桜を見ると毎年この歌が冒頭から流れ出します。

◼春 ~Spring~/Hysteric Blue
 歌詞とか全然好きじゃないんだけどこれもメロディすごく良いですよねぇ。春といえばって聞かれたら最初に挙げる曲だな。

◼春空/石野田奈津代
 なつの歌唱力の向上に驚きました。いい曲の概念は人それぞれだと思うけど、誰からも嫌われないとてもキレイな楽曲と思います。PVもまさに春ですね。

◼風/LINDBERG
 春の歌ではないのですが、リリースが3月だったことや歌詞の前向きさ等が僕に春を印象付けている大好きな曲。LINDBERGはやっぱラブソングよりメッセージソングのバンド。

◼サクラビト/Every Little Thing
 良曲宝庫なバンドELT。近年持田の声が復活して嬉しい限りですが、この曲の憂色は当時の歌声だからこそと感じます。

◼桜の時/aiko
 春じゃなくてもたまに口ずさんでしまう歌。

◼ネッ! ~女、情熱~/大黒摩季
 落ち着いて見るとイカれたタイトルだな笑。でもこの曲を聴くだけでも大黒摩季の作曲センスの素晴らしさが解る。葉山さんのアレンジも勿論偉大なのですが。イントロから最後までテンションが一切落ちない。

 遊佐未森とか奥井亜紀とか、歌声になんか春っぽさを覚えるシンガーも多いですね。そういえば花粉症をテーマにした歌はないのかな。ユーミン書いてくれないかな(笑)。