素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


欠けてた夢を取り戻せ

 久々に絵描きたいなと思って描いてみるとあまりの下手さにやる気を無くす繰り返し。結局、毎年正月に描いていた絵も3年連続で描けず終いでした。クソ汚い絵を無我夢中でがしがし描けていた昔のバイタリティはどこへ……。いま素敵な絵をサラサラっと描ける人って中高で真剣に絵の練習してた人だもんな。その真面目さが自分にも欲しかった。向上心が昔からホントにない。もっと上手くなろうとかそういう類の。そのための努力を惜しまないような。一番力をつけるべき時に全てのことを「人よりは少し出来る」程度で終わらせてしまったことはマジで後悔してる。でも心のどこかで後悔に成り済ましている事を30代のうちに解決しようと去年から密かに思ってもいる。

百千万の言葉を並べて

 たまーに何となく覗いたブログで、好きな文章を書く人に出会えるのはやっぱり嬉しいんだけど、何故かそういう人の過去あるいは現在って強烈なコミュ障ばかりで少し哀しくなる。「友達がいなかった」「言いたいことを話せなかった」とかネガキャンのようなマイヒストリーをごくたまに書き連ねていて、ホントのところどうか知らないけど、社会を知って学生時代よりちょっとはマシになったであろう自身を省みて安心しようとしてるのかもしれないな。
 僕が好きな文章はやはりどう見ても文学的というか…文学をたくさん読んだ人にしか書けないような文章なんですよね。きっと読書家なんだろうなってすぐに想像できるような、流麗な文章。そして、その文章がどの作家の影響を受けているかとか全く判別できない僕は読書をしてこなかったし、コミュ力は中の下くらいだとしても学生時代に友達がいっぱいいたし、基本誰とでも喋れた。その違いを思うと、好きな文章への思慕というのは尊敬や畏怖がこめられているのだろう。ただ誰かと仲良くならないとつまはじきにされる、さながら拷問部屋のような学校という空間で、多くの友人や仲間と楽しい日々を過ごせたことは今にしてみればすごく貴重な瞬間だった。だからその文章の「作者」への憧憬はない。


 と、わざとらしい文学的(かどうか知らんけど)に書いてみました。本を読んでないんだから書けるわけねぇっつーの。

道化師横切るオペラナイト

 下の姪は絵を描くのが好きなのですが、自分の今の気持ちを絵に表します。なので時々ものすごく暗い絵を描くんですよね…さめざめ泣いてる自分とか……で「かえりたいよーえーんえーん」とかポエムみたいに書いてるし…大丈夫かな……。
 上の子は鬼滅の刃にハマりヲタ街道まっしぐらなので、来年くらいに画材のこととか教えようと思いますね(笑)。

時計仕掛けのマンゴスチン

 年末年始はMステと紅白少しの他には殆どTVを観てなくて。カウコンも今年は興味が薄れてしまい観ませんでした(何があったかも知らない)。なのでいつも観てる番組の特番だけ振り返ろうかと!

イケダンMAX 俺たちは今年やりきったのか!?スペシャ

 今まで廃墟スタジオだったの何故なんだろう(笑)。新衣装は可愛さ売りでファン受けしそうだけど、みんなショルダーずり落ちてて動きづらそうw 今回やたらと美勇人が目立ってましたね。スピンオフ舞台中だからかな?名場面でうまみちゃんwwww てっきり1位長妻リスりラップかと思ってましたよ。でもP.O.Pが作ってくれた「1234567」はマジでいいですよねーLove-tuneからのファンもメンバー紹介ラップナンバーはきっと欲しかったでしょうし、もともとHIPHOP好きの自分としても嬉しい。突然カップ麺食うとかTV番組っぽい!そういう場面の何気ない掛け合いからもメンバーとタイムマシーン3号との仲が深まったのを改めて感じる良い特番でした。なんかね、7人を知らない人が観てもメンバーをすぐ覚えられるような構成だったように見えた。一人ひとり見せ場があってね。萩谷はハズレ2連発で可哀想だけど独りでマジギレしててオイシかったし最後に決めてくるとこなんか、今までどこか後列のフォロー役みたいに落ち着いていた分担をひっくり返した気もします。モロはひょうきんキャラなはずなのに安井の横で真田長妻美勇人にツッコんでるとマトモな狂言回しに見える笑。

7.2新しい別の窓 元日スペシャ

 m-floとのコラボやホンネトークゲスト今田耕司は観たかった。その今田、SMAPとの仲はそんなに濃くない(と自分も感じていた)のにこの話の引き出し方は流石。吉本や徳井の騒動といった自分側の問題をうまく絡めて、ホンネトークらしくタブーに切り込んでいくやり方は、地上波の第一線が主戦場の芸人と思えないくらい「解ってる」感で、ななにーの視聴者としてすごく楽しめました。特に、72時間の時の事務所圧力の存在。「出るよと言って話が進んでたのに急に無かったことに。ビルの3階に昇ったらエレベーターに誘導されて下に向かわされたような」との表現。でもこれだけ公言してる時点で、吉本が新しい地図との接触を拡大していくのでしょう。まぁそれはそれでいいんですけど、それ以前から漢気だけで彼らを歓迎していた加藤浩次や、事務所総出で常にサポートしてくれた浅井企画という前例でね、吉本のクソさを余計に感じますけどね。ナイツもいい仕事したなぁ!

裏道裏金裏番組

 リュックの底が傷んだので買い替えたいと思いつつ、使い勝手や値段を気にして暫く躊躇していたのですが、駅ビルでポイントアップDAYをやっていたので衝動買いしてしまいました。結局こういうチョロい買い物ばっかすんですよ自分……(笑)。次はビジネス風がいいなとネオプロにしたのですが、要らない機能はほぼ無いし、今までと違ってしまう部分は慣れていくもの。中の荷物変えてないのに軽く感じるのはストラップの設計らしいです。うわー全然違うわ。今までのバッグ、背負う度になんでこんなに重いんだろうってぼやいてたもんな。とりあえずこれ使い倒していこう。


Greatest Hits 1991-2016~ALL Singles+~ (STANDARD盤)

Greatest Hits 1991-2016~ALL Singles+~ (STANDARD盤)

 ツアー映像観てからカッコよさにやられて、久々にヘビロテ中。といってもこのベスト盤まだ聴いたこと無くて、わざわざレンタル屋行ってきました。本人監修なだけに史上最も価値あるベストだし、肝心の内容も「STAY」から始まるこだわり、「FIRE」「Power of Dream」等、スルー厳禁な名曲が散りばめられた最良のセレクトと思います。ただね『MOTHER EARTH』から1曲も無いのが解せない!ミリオンアルバムから2曲ずつ選ぶ的な安直さ(選ばれてる6曲はどれも大好きですが)…まぁ、このアルバムは1枚として聴いてもらったほうが絶対に良いので、ベスト3枚組聴いて気に入ったら是非どうぞ、と言いたいです。
 そうだブックレットの各頁、曲毎にタイトルロゴがあるんですけどめっちゃ面白い。イメージぴったり。文字って本当視覚感動ですよね。

MOTHER EARTH

MOTHER EARTH

  • アーティスト:大黒摩季
  • 出版社/メーカー: ビーグラム
  • 発売日: 1998/09/09
  • メディア: CD

令和最初の年末に私はこれを振り返りたい!

 今日は仕事納めでしたので、ここも今日納めておこうかと。昨年末はすごいヒマだったのですが、ちょっと今年はバタバタしそうなので……。
 毎年書いてるおすすめやハマりものや思い出(?)記事です。早速いきましょう!

2019ヘビロテ10曲

  1. 兵、走る/B'z
  2. 描いた未来 ~たどり着くまで~/Prince
  3. Peach Time/岡村靖幸
  4. 彗星/小沢健二
  5. 麒麟の子/Sexy Zone
  6. 忘れられないの/サカナクション
  7. Get Wild/TM NETWORK
  8. Lonely Soldier Boy/ZARD
  9. DAN DAN/THE YELLOW MONKEY
  10. たとえ遠く離れてても…/Every Little Thing

FOODS DRINK

1.マクロビ派 ナッツと塩(森永製菓)

 →今までのマクロビ派で最も好きだったんですが一瞬にして店頭から消えてしまった……。


2.エスプレッソアフォガートフラペチーノ(スターバックスコーヒー)
 →すごく美味しかった。カスタマイズしなくても既に完成してる。桃のやつも美味しかったけど夏はこっちばかりでした。


3.自然派Water(伊藤園

伊藤園 自然派 Water レモン 500ml×3本

伊藤園 自然派 Water レモン 500ml×3本

  • 発売日: 2019/08/13
  • メディア: 食品&飲料
 →これも全然店頭で見かけなかった。どこかで投げ売りしてたら箱で買いたいくらい。こういうの待ってた!甘味料不使用なの最高だし、妊娠中の人がこれなら飲めるって言ってたの見て感動した。


4.キクラゲ玉子炒め定食(東秀)
 →今年は中華料理をかなり食べていた気がする。東秀(総武線沿い限定?)のこの定食が一番好き。中華なのに薄味で、豚の切り落としと長葱も入ってる。まだ全然使う。


5.カフェベローチェ
 →会社の近くだけでなく営業先エリア結構どこにでもあるので殆ど毎日行ってた。今ではドトール行くならベローチェ探す。
 

素敵な呪文的MVP(順不同)

  1. 石野卓球→偽善っていうより善がそもそもないw 最高です。電気の新曲も。
  2. 西屋太志→あの絵じゃなかったら、Free!ファンにはならなかった。有難うございました。
  3. 田村淳(ロンブー)→いま一番面白いタレント。ちゃんと第一線の意識を保ったまま、TV的な面倒無しの「楽しいこと」をやろうとする姿勢。亮の件もご苦労様です。
  4. 上杉昇→こんなに精力的な活動は見たことがない。あと見た目が少し戻ってきたのも嬉しい。
  5. 津田淳子→美大生やデザイナーなら知らぬ人はいない。バターの本大好きだわ。
  6. 橋本環奈→女子に好かれる売れっ子って実は多部未華子以来じゃないか。インタビューとか見るとプロ意識も高いですよね。
  7. 萩谷慧悟→7ORDERから1人選べと言われたら間違いなく萩ちゃん。先陣切っての活動開始、朗読劇含む5本の舞台発表、公録でのパン演奏。彼の飛躍が7ORDERにリアリティをもたらしてくれた。
  8. 武知海青LDHは全然興味が無いですが海青はいい!筋肉キャラは勿論だけど、雰囲気は今井翼っぽいなと勝手に思ってる。スキルも十分。もっと売れろ!
  9. 田代まさし→不謹慎で失礼しますが、「お帰んなさいがコカイン買いなさいに聞こえる」とのトークはかの有名な「ミニにタコ」を彷彿とさせ、未だ衰えていないギャグセンスを感じました。
  10. 山本太郎→少なくとも今年の活動を見ると彼は本気で国を変えようとしてる。N国党立花と並べるのは既に失礼だし、既存集団にすり寄る芸能人議員とも全く違うことが日本中に知れ渡ったことは大きい。

 

買ってよかったもの

 買った時記事にしましたが、ガシガシ使ってます。ほぼ毎日胸ポケットに差してる。お店の担当者で何人か気づいてくれて、話盛り上がったこともある。ラミーは偉大。


 ここ3年ほど使っていたhumのフラップファイルバッグに代わる存在。カラーは赤。使ってて好きなのはリュックに丸ごと入るとこと、割としっかりしていて膝上の机にできるとこ。結構容量もあるのでなかなかです。


カルバンクライン CK-one オーデトワレ 100ml

カルバンクライン CK-one オーデトワレ 100ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 香水もしょっちゅうつけてる。今はもう匂いが無いと落ち着かない。関税の関係で大容量のほうが安かったため、いつ使い切るんだよとかツッコミ入れつつ買ったんだけど来年もう無くなるわこれ。


 薄毛対策は頭皮から。近頃、自分と同世代の周囲が一様にうすーくなってるのを見て怖くなり、兆候もないのに始めたんだけど意外と効果あると思う。髪の質が変わったし、頭皮のできものが減った。育毛剤に頼るほどではないけど将来のために、なんて人はこれでいい。


 サイリウムじゃなくて懐中電灯です。このサイズでこの明るさは家族も驚いてました。夜はホンット見えないので自転車乗るときも使っているし、クルマ側からも人って見えないらしいので、特に雨の日は足下に向けて点けています。


 仕事柄ささくれとか爪割れとか普通に増えるので、ハサミが特に重宝している。鍵束と一緒に腰に下げてるので本当に腰刀となる(?)。


気になる時事トピック

  1. 狂暴台風・大水害→毎年酷くなる自然災害。来年が今年より穏やかだった、ということは絶対無いだろう。ちゃんと対策もしておこう。
  2. 京アニ放火殺人事件→一番ムカついたのが会社の要請を無視したマスゴミによる被害者実名の公表。正味な話、西屋さんとかあまりにも有名な人はいずれ判ることだから言わざるを得ないと思うんだけど、駆け出しのスタッフを一方的に公表したのは軽率という他ない。
  3. 桜を見る会→誰も桜見てない。必死っすね。彼は一度でも選挙をデスマッチで勝ったことあるんでしょうか(無い前提)。
  4. 児童虐待死の連発→しかも野田とか見沼区とか結構近所が多くて嫌だ。子に先立たれる親の悲しみを失っているなんてもう人間やめてますよね。
  5. 日米通商交渉→米の余剰在庫を無理矢理日本に押し付けるのは交渉ではない。来年からトウモロコシ食べられない。
  6. ジャニーさん逝去→時々ムカつくこともありましたけど、沢山の素敵なタレントを育ててくれて本当に有難う。
  7. 数々の芸能人×クスリ→驚いたのがやっぱ瀧。電気再始動おめでとう!田口はもう知らん(ハイフンの姉より)。
  8. コクヨVSぺんてる(プラス)→文具業界でこういうの残念だなぁ……コクヨも近頃は文具のセンス向上してきてるとは思う。まぁ僕はもともとプラス贔屓だけども。ぺんてるの商品さえちゃんと供給してくれればいいです。
  9. 郵政民営化の弊害→とんでもないブラック企業なのは知ってたけどこれほどとは。かんぽ生命は詐欺集団。
  10. 小室圭→今年なんだww

 

来年に向けて

 早寝早起き、マネジメント力向上、数字に強くなる、モノ(漫画とCD)を減らす、絵と手話を学ぶ、〆切を伸ばさない(やりきる)とか、中学生みたいな目標もあるにはあるけど、最も意識したいのは「自分を破る」。今年自分が少しは変われたかなと思えるのも、よくわからないこだわりや変なプライドを捨てたからだと今にして思う。そうすれば間違いないんだということも。
 さっそく1月から、今年とは全く違う日々になると思う。そして年間のプランをしっかり組んでおこう。意識高くできるかどうかは自分次第だけど、骨を鍛えればきっとやれる。


 ではよいお年を!おつかれーっ!!