素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


八王子の山を抜けて

 駅の階段を降りながら電話をかけようとスマホ取り出したら足を踏み外しておもっくそ捻ってしまった。BL漫画のSEXシーンで断面図の時に出てくるみたいなゴリュリュリュって音がしたので(全く不要なたとえ)100%スジやったな、と思ったけど今のところ腫れて痛いだけ。ネンザは確実でしょう……今日は氷のうを置いて寝てます。くそぅ。


 モロが出るお江戸に恋して見忘れた……。

Free! -Road to the World-夢 [感想文]

 漸く観に行きました!前売買い忘れてしまって客が少なくなった頃に行くことに……。
 例によって予備知識ほぼナシでしたけど、これシリーズの映像作品制覇してたら絶対行かなきゃダメなやつでしたね。以前やったTimeless Medley同様、総集編に新規映像を少しく混ぜて“再構築”という意味かと思ってたら全く違いほとんど新作です。

 主なる物語は郁弥おかえり後、(1)高校生組の全国大会 (2)大学生組の全日本選手権。そこにフィーチャーされる各々の夢が今作のテーマです。世界を目指す主要メンバーに加え、怜渚の未来への期待が新たに示され、彼等に添う形で進みゆく真琴の夢もより解りやすくなっています。こうしてみるとやはり今作の中心はキービジュアルどおりこの3人なのかな。
 本放送時どう見ても駆け足気味でバタバタしてた後半の、やむなく削った部分を尺とって詳しく見せてくれた感じでした。

 冒頭は基本的に総集編で、登場人物の回想で振り返る形をいくつかに分けて見せるのですが、これだけ重厚な物語とキャラの多さを、河浪監督が30分に巧く収めてくれています。そう新規映像!アヴァンタイトルみたいな継ぎ接ぎの総集編ではない、これぞ再構築だと思える場面の数々。ここがFree!の好きなところ。
 1年生トリオのかけあいは面白いし今回見せ場も多いんだけど、怜がお菓子の洋酒に酔って甘く熱いお言葉をぶつけるとこは横谷の悪い癖が出てたというか……何かと後輩に気を遣いすぎる怜の姿が劇中何度か出てくるし、旭との再会後に追加された静ロミとのシーンもあって、「酒の力を借りてでもないと言えない」ことは十分解るんですが……人の話を聞きながらお菓子を貪ってる怜自体が不自然なんですよね。あと怜ってどちらかといえばストレートに言葉をかけてあげられるキャラに描かれてるんだよなぁ、競技上での遠慮とは別で。まぁ、静流がかわいいんでいいです(笑)。

 大学生チームはまこはるのテラスランチデートから始まり(笑)、真琴と宗介が本屋(多分ジュンク)で再会して近況を少し語り合う。二人の距離感が徐々に縮まっていたことが解る良い場面でした。
 それから宗凛ファンを悶えさせた(?)カフェでの術後報告……の後にあんな強引なリンクがあったとはwwww 唯一全員と繋がっていた貴澄の大活躍ぶり!意外にノリの良い郁弥w コメディリリーフとしての日和のポテンシャル(??)にも驚きました!まさかここで「郁弥ならきっと勝てるよ」を絡めるなんて笑。サバゲーの時も今回のレーシングゲームも、なんだかんだ盛り上げ隊長な凛。やっぱ根っこがガキ大将というか、本当は自然と他人との距離を埋められる男なんだよね。1期の彼がどれだけドン底だったのか(泣)。このわちゃわちゃが一方の遙のどん詰まり感を引き立ててもいて、なかなかよかった。
 そんな遙を脅かす存在としてのアルベルト、金城の登場は後半のキモと言えます。金城は霜狼メンバー(というか郁弥日和たち)と浅からぬ因縁が。この歳であんな中坊みたいなケンカ売りに来るってのは恥ずかしいですけど(^_^;)ここでも日和見直したな、ナチュラルに「七瀬君」って言ってるしね。恐らく金城も遙と泳いで少し変わるんだろうけど、なんか露骨に嫌な奴なのでどこまでも悪役でいてほしい!遙以外は認めない的な。
 アルベルトさんはかなり可哀想というか陰を背負っていそう……世界一の才能(箸使い含む)を持っていながら決して自由と言い切れない立場のアルベルトが「水に気に入られてる」遙の影響を受けないはずがない。凛も郁弥もお互い争ってる場合じゃねぇ、ハルが世界に取られる!(?)

 その他脇役の存在感もなかなかですよね。五十鈴と江の共鳴(凛の筋肉で)、東とミハイルのコーチコンビ、夏尚、美魚等々。あっ霜狼メンバーが全然出てない!結構好きなんだけど……。ショタ担当(???)の岬が終始可愛すぎる。ライバルの子の色白に比べてちょっと赤っぽい身体とか煽ってやがるーってすいませんマジで……。

 シリーズ通しての屈指と呼べる遙の絶叫。りんまこはるでの語り含め(「なぜ笑う」が好きw)、やはり非常な名場面だなと改めて思いました。漂う3人を怜渚と鮫柄チームが見ていて、いいなぁって言うんです。彼らにしか培えないものを実感できて、全く同じ気持ちになれる。


 残念ながら、来年公開予定だった新作の予告映像が無くなってしまい、遙や凛や真琴たちを僕らと会わせてくれたシリーズ最大の功労者(と言って良いでしょう)西屋太志さんは亡くなられました。今後どのように物語を結んでいくのかはまだ解りませんが、最後の「TO BE CONTINUED」がカットされず上映されている限りにおいて、必ずまた出会えるのだと確信します。その時は京都アニメーションアニメーションDoの制作スタッフへの最高の敬意と感謝を胸に、劇場に通いたいと思います。

祭りのあとで日が暮れて

 SixTONESSnow Manのデビュー発表は嬉しかったです。B.I.Shadowがトレンド入りしてさらに嬉しくなり。ちょっとムカつかれる書き方をするとね、ここまで手厚く滝沢に推されてデビューしなかったら詐欺だろうと思っていましたから(笑)。


 で、ですけど…この発表から一夜明けたら、Jr.が急につまらなくなってしまって……。いや、まだまだデビュー予備軍のグループ沢山あるし、*1担当の皆さんもより真剣になってるみたいだし、俺たちの戦いはこれからだ!と本人たちもアピールしまくるだろうし。でもこう、ひとつの時代が終わった感がやはり凄いんですよね……。
 下積みが長い上に今のJr.盛り上がりも手伝って、固定ファンをがっちり掴んでる2グループ。何の心配もない船出のように見えますが、各々の年齢もあって勝負の時間が短いことを忘れてはいけません。*2また、近年のジャニーズ事務所を見ていれば、デビュー=安泰という図式は既に過去のもの。さらに、キンプリとの比較という露骨な問題もきっと浮上してきます。その辺を滝沢の名前で眩ませるのかもしれませんけど、滝沢ってJr.の面倒見るわけだからデビューした彼らは他の管轄になるんですよね?それが怖いなまた。


 最後に、これはもう僕の所感でしかないんですけど……一般におけるジャニタレの人気バロメーターって、どんどん上げづらくなってると思うんですよ。事実として僕の周り、キンプリメンバーでさえ認識できてる人ほぼいないし。ジャニーズは嫌いだけどこいつらは好きって思われてるタレント今どれだけいますかね?ヲタはそんなのどうでもいいでしょうけど。まして実力派のすのすと世代が抜けていって、超絶下手なダンスで売り出されまくってる美少年などが実権を取ると、もう期待値が全然ない。ヲタとタレントだけでやってろって思っちゃうんですよ。Jr.をチェックすることは暫く無いと思います。

*1:なにわ男子は旬が過ぎぬうちにデビューして欲しいです。

*2:大ブレイクを狙うなら20代のうちじゃないと。アイドルですから。

胸糞よりもタチ悪し

 他人の力を借りることがどうしてもできない。端的に言うと手柄(というと雑な言い方ですけど)を取られるからだと思う。自分の力で成し遂げたものじゃないから手応えがない。最も嫌なのが、そこで出た成果を褒められること。それ俺関係ないじゃん。この人のおかげでしょって。しかも、自分が多くを説明しない(内側に溜め込む)タイプだからなのか、いつの間にか横取りされることがかなりある。こっちに何も聞かずに。なら最初から別の人に頼めよ。何も言わず聞かずで好きな人だけ持ち上げるようなやり方マジで死んでくれ。

令和におけるジャニーズJr.

 もはや群雄割拠状態のJr.界隈、久々に所感をまとめました。令和だからやろうと思ったわけではなく完全に思いつきです(笑)。


Snow Man
 新メンバー加入は一定の成功を収めてると思う。当初は向井康二の独壇場かな?と思ったけどここに来てラウールがすごい。Twitterとか見ると露骨にファンが増殖してて最初の叩かれっぷりはどこ行ったんだと(笑)。今の少年忍者を見てると、彼だけがこの若さで超の付く先輩ユニットに放り込まれたのも解る気がする。岩本ひぃくんについては俺様別格だぜ感(姉談)が確かに凄くて僕も好きじゃないです……。

Travis Japan
 松松の人気と実力が完全に初期メンを凌駕している。てか元太は本当にいいですよね、Sexy松の時から割と好きでしたけどこんなに舞台向きに成長すると思わなかった。背も高めで歌もダンスも上手くて。SHOCKだけじゃなくてどんどん外部とか出てほしい。宮近はな~歌唱力とタッパがもっとあればなー……。

SixTONES
 世間的にはキンプリとの差別化が出来るし、若ければいいわけではない(求められるイケメンがそれなりの大人である)風潮も昨今感じるので、勢いは過去最高なんだけど、目新しさがどうしても薄い。あと、KAT-TUN路線って今さら必要かな?確かに今のジャニーズ内では穴だと思うんですけど、KAT-TUNがそうだったように限界が来ると思うんですよね。ヘタにスタイリッシュに寄せるとLDHと被るし。いずれにしても……今を逃したら次はないでしょう。
 敢えて言うと北斗にはやっぱデビューしてほしいです。今一番カッコいいし。一部の美愛担にとって夢であろう「ゆごほくデビュー後にふまけんとララリラ再演」を僕も見たいです!

HiHi Jets
 優斗いるから少し贔屓目では見ちゃいますけど、正直単体で出ていけるほどではないかな……。ローラースケートって出オチだし。他のセールスポイントがちょっと薄い。ただ猪狩はバラエティでは絶対面白がってもらえると思うけどね。

◎美 少年
 ダンスが下手すぎる。SMAPより酷いと思う。細かい動きの問題じゃなくてステップがもうおかしい。顔だけって言わせねーぞ!ってメンバーが奮起してスキルアップしてくれればまだいいんだけどずっとヘタなんですよね。こないだ中山優馬と少クラでコラボした時なんかひどかったし、Mステに亀梨と出た時はハイフンの姉が苦情を入れてきました。露骨に平野意識してる浮所はウザいし、大昇も嫌いじゃないんだけど何故MC路線なのかが解らないんだよな滑舌悪いし仕切りもヘタだし。

◎7MEN侍
 不祥事は許さん。嶺亜はこれを逃したらもう無いと思うので頑張れ!

◎無所属
 寺西林影山~みたいな舞台班はもう立ち位置確立してるからともかくとして、松井奏とか和田優希が推し予備軍かな?
 林蓮音とかキャリアもあるしポテンシャルも高いから辞めずに実力派Jr.のポジションついてほしいなと思ってます。

◎なにわ男子
 東京に比べるとまだまだ世間の認知が遅れてるけど、グループのバランスなど最高だと思う。デビューすれば間違いなくWESTは抜き去る。下積みもきっちりあるメンバーが多いし、エイト等と比べてもアイドル感が強くて関西発としては珍しがってもらえると思う。5月のJr.コンでラウールと組んだ道枝が最も上昇してるか。あと廉平野との繋がりは強みだよなージャニヲタって横の繋がり大好きですからね。

白い声に魅せられて

http://takachi.hatenablog.jp/entry/lunkhead

 ランクヘッドよく聴いてたなー。ただ当時流行した独白系のバンドって結局、心底共感できずに離れたものばかりだった。孤独とか無力とか絶望とか言うけど、いや確かにそう思いたくなる時もあるけど、僕は音楽にもやっぱりハッピーを求めるんですよね。救いのない歌も勿論好きだけど、やっぱりどこかエンタテインメントを求めてる。独白をつらつら重ねて「大衆に理解されなくてもいい」とか言うスタンスのミュージシャン大嫌いでね。だったら仕事にすんなよって。自室に籠ってPCとヘッドホンでオナニーしてろって思う。

 …えーと彼らの悪口じゃないですよ(笑)そういうバンドについての持論です。今のランクヘッド知らないから悪口も言えないし。

 で、まぁこればかりは仕方ない気もするけど、僕にとってのミュージシャンに御法度なのは「金の話」。そんな話聞かされたら音楽に別の気分が入り込むじゃないですか。しかも狡いミュージシャンだとファンからの支援を得るための伝家の宝刀みたいに口にするんですよカネカネカネって。坂本サトルそうでしたからね(今もだが)。音楽だけで飯を食い続けるのはとても難しいと思います。でもね、ファンに金銭的な問題を開示して、ファンなんだから支援して!俺は君たちが大事!みたいなインチキ宗教の供養と同じ行動を始めたらもうアウトですよ。

 上記のブログでも見たけどランクヘッドほどのバンドが集客のアイデアとして「曲を売る」という根本的なことも実践できていないというのは大問題と思うんです。戦略の筋道を作るマネージャーが必要ですよね、自分たちで何もしないんだから。ファンの意見を集めて販促活動に使うというのはアリだと思うので、「チケットが売れません。何か方法ないですか?」と聞いてもいいですね。悲観的になると本当に何もできないからね。

 同じバンドを何年も続けてきたことはやっぱり拍手したいです。これからも頑張って頂きたい。ただしもっと時代にアピールするやり方でね。2000年代はとっくの昔です!

日販はもうおしまいです

 行動が早く、意見はブレず、双方の顔を汚さず、組織を下を守る。最後相手に「確かにあなたの言う通りだ」と改心させる。本当にできる上役ってこういう人のことを言うんだ……と感動した。前職での酷い俺様重役体質の異常さを改めて認識しました(笑)。まぁお堅い企業の社長も務めていたくらいだからその辺の上役と一緒にしたらむしろ失礼なんだけども。この人の話は何を聞いても興味深い。いずれ、人をまとめる立場になる自分も、こういう人材でいたいし、成長したい。