素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


DECADE & XXX

 既に大きく報道されていますから今更ですが、音楽プロデューサの小室哲哉さんが引退を表明しました。それも、文春砲で騒動となった不倫疑惑の引責という最低な形での決断です。

 TMの、TKのファンとしては、女性問題は「またかよ」というのが正直な感想ですし、引退についてもこれまで何度かほのめかしていましたから、そう遠くはないと思ってはいました。ただ今回は色々な意味でタイミングが悪すぎるというか、勿体無いことが多いですね。安室は引退ツアーで小室楽曲を歌えなくなるかもしれないし、満を持して組んだ大ちゃんとのPANDORAも駆け出したばかりで事実上終了となります。これは本当に残念。

 実は今回、先に家族全員から連絡が来て(笑)不倫騒動じたいもこの時初めて知ったので、どちらかというと「お疲れ様でした」って感じなんですよね。これは僕がミュージシャンとしての小室さんにしか興味がない証拠だと思います。*1換言すれば、音楽活動をしない小室哲哉に魅力は全くありません。ですからTMをはじめとする小室さんの音楽は多分ずっと好きですし、今後もここでは普通に取り上げると思います。

 今日の題名ですが、詐欺事件から10年目の末路と、バツ3になるかもしれないというダブルミーニングの悪口になります(笑)。名曲のタイトルをすいません。とにかく小室さんは今度こそ心から反省してほしいです。こういう幕引きを含め、歴史的な人物にはなると思いますね。とにかく長い間ご苦労様でした。

*1:KEIKOがかわいそうとか皆んな言うでしょうけど、本当にそんなこと思ってます?日頃globeを応援しているわけでもないのに……。

二度と会わない人だから

 昨日は体の鈍り防止にと、10年ぶりに派遣バイトに行きました。まるっきりはじめての仕事でしたが、いろいろ気づかされた。大きな工場に大量の人が行き来して、物が移ろっていく。ひとりでやっているように見えた仕事が、大きな流れのひとつなんだと改めて認識しました。
 派遣労働者にも色々な人がいるけれど、この待遇で残業を当たり前だと思っているって凄いなと思いました。僕なら頼まれてもやりません(笑)。本当に仕事の出来る人とは、人に仕事を教えられる人だということもつくづく感じました。
 ただ僕が働く前日はめっちゃ忙しかったらしく、定時18時なのに21時すぎまで稼働していたそうなんですが、当日は業量が非常に少なくラクというので、8時間中3時間も休憩していました。ラッキー。


 そうだ「学園ベビーシッターズ」アニメ漸く観ました!絵柄はほぼ原作どおりだし、物語も忠実だし、主要キャストは声も合ってると感じました。10巻で読むのやめたから結構懐かしく、また買い集めようかなと本気で思っています。竜一役の西山宏太朗がピッタリすぎる。狼谷(梅原裕一郎)はもうちょっとこなれてきたら変わるかな?とにかく二人のコンビは楽しみですね。惜しむらくは犀川さん。台詞も多く魅力的なキャラなのですが小野大輔(よく知らない)の声だとキザすぎます。


●Today's Beat→おしえてヨ/ひょろっと男子
 なんかもう振付と共に頭から離れなくなってる……。

この街で今も君は

 高校時代を過ごした越谷市

 通学路だった越谷駅前は数年前に大開発され僕らが通った頃と全く違う景色になったけれど、それでも思い出ばかりの街です。
 古く寂れた雰囲気と、暮らしやすく整備された施設やお店が共存している。今ここに通っていたならもっと好きになるかも。

 文之堂という書店、僕が大学入ってから出来たんだと思いますが、すごくいい「町の本屋さん」なんですよね。書道用品の豊富さや鳩居堂のコーナー、万年筆ユーザへの優しさなど、こだわりを感じる。頑張ってほしい!

 元荒川の土手を見ると同級生らとの日々が思い起こされる。市民会館の裏でダンスの練習したなぁ。

 今でもこの街を訪れる用事があるというのは、やっぱり何か特別な場所なんだと思う。居心地の良さを味わいながら少し寄り道して帰ってみます。


●Today's Beat→How You Like Me Now?/m-flo
 LISA復帰嬉しすぎてアルバム買い直した。最高かよ!

TV画面は目にやさしい

 マトモな休日が今日で最後でしたので、いろいろと映像作品を観ていました。

B'z in ROCK IN JAPAN 2017

 アルバム初回特典のBlu-rayを漸く。いやぁー熱かった!音がいい!映像きれい!燃えました!野外はやっぱ夕暮れ時ですよね。会場の雰囲気本当に良かったです。ところどころ微笑ましい姿に癒されつつ。何より嬉しいのは、日頃「けっB'zかよ」みたいに厨ってる奴等にこのステージを見せられたことですね。勝手ながらファンとして本当に誇らしいです。30周年のライヴはマジで行こうかと思ってる。10年ぶりに。

安室奈美恵「告白」

 引退について語るインタビュー特番。デビューの頃から「大きな会場で引退したい」と心に思い、それが今実現できるから、と聞いては常に自分と戦っていた人なんだなと思いました。当然言及はありませんでしたがライジングを辞めたのも引退の準備ということなんですね(20周年で引退できなかった、との発言から)。しかし、少クラプレミアムに見るように、NHKアーカイブ映像は凄いですよね。いつ使うかも解らない映像をこれだけ撮ってあるのは本当にすごい。PJGのオーディション映像や復帰紅白の舞台裏なんて他じゃ絶対出せないですよね。こうなるとやはりどこかでMAXと何かやってほしいなー。無理かなぁ。

カードキャプターさくら クリアカード編

 待望の第1話!これは恥ずかしすぎる……(笑)。コミック特典のDVDの時よりはキャスト陣が昔を取り戻した感があり(特に桃矢)、安心しました。緒方恵美の声は結構変わってるけど男役ですしユエの雰囲気にも今の低音は合ってると思います。過去のシリーズでは小狼がぅあぁ~って慌てふためいてはドジる場面大好きだったのですが、香港行きから一気に大人になった(映画参照)感じで寂しいですね。主題歌もいきものがかりすぎてちょっとなぁ……。あと、最近のアニメの傾向なのか漫画のような擬音が画面にバンバン登場したり小窓が頻繁に現れたりするのが苦手でした。これも慣れてくるとは思うけど。


●Today's Beat→エレクトラ/小島麻由美
 年明けから、就寝時は彼女のCDをかけてます。やっぱ素晴らしいシンガーだな。

後回しにしない生活を

 ここ最近のB'zロングインタビュー、昨年の活動や30周年を絡めているからすごく読みごたえがあります。

Rolling Stone Japan vol.01(ローリングストーンジャパン) (NEKO MOOK)

Rolling Stone Japan vol.01(ローリングストーンジャパン) (NEKO MOOK)

 Rolling Stone Japanは創刊号のカバー。写真が素晴らしい!インタビュアー伊藤政則ってことでかなり楽しみにしてた。この人本当凄いですよねぇ。B'zお二人の声だけじゃなく、特に古きよき洋楽の知識が盛り込まれまくっていて「本を読んだ」「記事を読んだ」という実感がハンパないし、しかもそれが「どうだオレ詳しいだろう」みたいなウザさ(ロッキングオンの記者のような)が全くないのも流石としかいいようがない。会話にもB'zとの距離感と言うか互いのリスペクトが溢れていてとても面白い記事でした。
 音楽と人はアルバムの話だけじゃなくてフェス出演からの最近の音楽にも言及していて成程と思います。ワンオクへの高い評価を述べつつ「そういうバンドとも張り合えると思う」という発言はカッコいい。マキシマムザホルモンもベタ褒めでしたね。

 B'z PARTYの新年コメント動画を拝見しましたが相変わらずのグダグダぶり(笑)。父が明後日のドームに行くようですのでいろいろレポートしてもらおうと思います。
 25周年の時はちょっと冷めていたんですが、30周年を自分もホットに迎えられるのは嬉しいしやっぱり彼らがずっとカッコいいからなんですよね。


●Today's Beat→Purple Pink Orange/B'z

知覚過敏に気をつけろ

 正月休みってのは勿論あるだろうけど、仕事辞めたのが精神的にものすごくプラスになっているのを実感する。すっげーストレスだったんだなやっぱ。

 SURFACE再始動ー!!!!!嬉しい!!声出るかなぁ椎名……。姉と姪のKAT-TUN放電(休止じゃなくて充電ですからって散々怒られたのでこう言ってます)と合わせて嬉しいニュースから始まる平成30年。いい年にしたい。頑張ります。

●Today's Beat→なあなあ/SURFACE

2017年読書メーターまとめ

 明けましたね。今年もゆるーく更新していきます。どうぞ宜しくお願いします!

続きを読む