読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


NTV系列ベスト10

ドラマ

 久々にドラマヒストリーを見てたら色々懐かしかったので、今日から数回各局別「私はこれが気にいりました!ベスト10」をやることにする。1回目は日本テレビ(以下日テレ)系列。日テレの作品は当たり外れがかなりはっきりしている。でも常に実験的な姿勢が見られるのも事実。『ザ・ワイドショー』てのもあったし、『お熱いのがお好き?』で生放送やったなんてのもあった(爆笑でした)。あと小さい頃は「TVおじゃマンボウ」なんかでドラマの裏側を見るのが好きだった。こういう類の番宣番組を確立したのも日テレじゃないかと思うのだが。
 ではいくぞ。カウントーダウン!(CDTV調で)
奇跡の人
 山崎まさよし目当てで見た。難しい役をさらっとこなせたのは関西のノリか?松下由樹をはじめキャストもよかった。ついでにいうとEDが加藤いづみでしたね。上田ケンジ作曲でとてもいいので是非。

ゴールデンボウル
 男なら絶対に誰でも黒木瞳を美人だと言うだろう。かくいう俺もそうです。美人ってだけじゃなくこういう役も綺麗にやっちゃうとことか凄いんだよなぁ。本当好き。
 で、ドラマ単体を見ると、ボウリングが舞台っていう奇抜さがまずいい。キャストも松本莉緒榎本加奈子ら第一線の若手女優と、小木茂光、大滝爺などのベテラン勢など皆はまり役。いかにもドラマ!って感じの荒唐無稽な部分とボウリングのリアルさが丁度良くて楽しんで見れました。再放送始まるみたい。

新・星の金貨
 本家も勿論好きですが、個人的にはこちらの方がキャスト・ストーリーともに好きかなと。 藤原竜也星野真里吉沢悠ら実力派がきちんと芝居してるので、絵面による「若手ドラマ」的イメージは全くない。他の作品にも言えることだが、このドラマで奥菜恵の悪女ぶり(?)を改めて認知した。
 当初鈴木あみが出るドラマ、ってことだったらしいけど出なくて正解。おかげで一流の作品になった。但し星野真里の歌は三流以下ですがw

フードファイト
 まぁ設定はどう考えてもぶっ飛んでいるのだが、随所で人間ドラマがきちんとかかれてて、若者向けドラマなどではない良質な作品だったように思う。先述の「ゴールデン〜」といい「星の金貨」といい、野島の実力は認めざるを得ない。
 何回目か忘れたけど、剛が食いながら号泣してるシーンで鼻水がダーっと出てて、それを勢いでズーッと引っ込めたときがあって、折角の感動場面だったのに家族で爆笑しておりました。忘れらんないねー。
 子役の秋場まなとがなかなか良かったのだが何処いったんだろ?

サービス
 松本明子のドラマって地味に見えて意外に良作が多い。これは中でも一番好き。兎に角寺脇がよくて。うじきや原田龍二もよかった。一筋縄じゃない味のある役者が揃ってた。「ぽぽんたぽぽんた ふぅーっ」てのは現在友達の子どもと遊ぶ時に使っております(笑)。
 主題歌だが松本の歌唱力がようやく世間に評価された名曲ですね。番組にも凄くあってた。

ぼくの魔法使い
 これぞ日テレ流荒唐無稽。いやクドカンの力か…。最初からとばしてたけどここまで何もかもぶっとんでるともはや拍手モノ。広告代理店が広吉代理店って吉田戦車でも無理だよそれはw よくこんな作品をゴールデンタイムにやってくれた!と感激する。伊藤英明も一皮むけましたな。舞台人の凄さを只管思い知らされるドラマです。

金田一少年の事件簿
 当然初代。剛・ともさか・古尾谷さん以外では『金田一』じゃない。3人だけでなく真壁=佐野ちゃんで佐木=原です。漫画原作でドラマと内容が違うってよくあるけど、原作の読者もみな認めてますからね。今でもビデオを見返す数少ない作品。

天使が消えた街
 全編にわたって泣けた。日テレってこの手の「切なさ」を表現するのが上手い。舞台などを経て内田有紀の演技レベルが急上昇した時期。フミヤの芝居あんまり好きじゃなかったけどこれはよかったな。
 日テレ作品はOPとEDの2曲が使われることが多いが、これに関しては2曲ともハマりすぎ。「奇跡の人」「サービス」も合ってたけどこれが一番でした。

光とともに…
 3位に続いて自閉症モノだがうんと年齢が下がった。単純にストーリー・キャスト・主題歌といった俺の3大評価がほぼ満点。武田真治渡辺いっけいのすっとぼけたキャラが好きでした。そしてこのドラマの全てをかっさらった小林聡美。大好きな女優です。光がよく食ってた「塩メロン味」。未だに我家ではネタとして使われる。
 悔しいけど篠原のドラマにはハズレがないね。

リミット
 意外な作品だ、と思うかもしれないが、とりあえず現時点ではダントツ。野沢尚はよく見たけど群を抜いて良い。安田成美の復帰作で、好きな田中美佐子が出てるというので見ていたが目を離せないくらい引き込まれた。新山・妻夫木のカップルや佐藤浩市・陣内・益岡…キャストもいうことなし。中でも北村一輝の存在は衝撃的だった。これで初めて知ったが本物の外国人かと思った(笑)。ラストのドンパチもアクション映画好きの俺にはたまらない。
 また言っちゃうけど安田・田中が実にカッコいい。もっかい見たい。



 …10本は多いなぁ。そして自分の批評がうんと落ちてるw 次はちょっと減らすかな?