素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


月曜日はクレイジィ

 お久しぶりです(サボり)七夕ですね。

 以前は貪るように見ていたテレビも全く見る時間がありません…もう見ようという気も薄いけれど。ドラマも殆ど見ず。
 そんな中で唯一見ていたのが「CHANGE」。と言ってもこれも5〜6話が放映中に、たまたま何の気なしに見てみたら面白かったので、見ていただけなのですが。視聴率が低いとか色々云われてるけど、個人的には木村のドラマは殆ど見ない方だっただけに衝撃的でした。まず最近のドラマにありがちな無理矢理なキャスティングがない。脇をしっかり固めた、非常に正統なドラマだと思います。ストーリーもごまかしがなく、ドラマらしい突飛さ・現実に根ざした緻密な書かれ方が成されているし、政治の世界だけに善悪のメリハリが利いていて、人物設定も魅力的です。最近でこそ漫画原作だとか人気の若手をかき集めたりだとか大ヒット作の続編だとか、とかく話題性ばかりが先行して肝心の内容は一体どうなんだ!?と疑問視な作品が多いにもかかわらず世間的にはそれがウケている、と言う点で、小さい頃からドラマファンだった自分にとってはなかなかの違和感があるのですが、このドラマは久々に「ドラマ」を見ている気分になります。木村を始め石黒賢とか相も変わらずな芝居ですが、やっぱりドラマってこうあるべきですよ。
 次のクールは「魔王」を見ます。