素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


中村明日美子祭り

 明日美子さんの漫画を105円で探すのは酷でしたが、なんとずらっと揃えてある店を発見。し、信じきれない!!
 というわけで、まずは3冊感想を。

ばら色の頬のころ

ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)
 『Jの総て』(感想は今度書きます)のポールとモーガンが中等部時代の頃を描いています。うー切なかった。人間らしくなっていくモーガンと、感情を失っていくポールのすれちがいが辛かったです。最後の短編はJと暮らすポールにモーガンが会いに行くという後日談ですが、これはすごくよかった。本編とは真逆で、道の途中で薄れてしまうことがあっても「思い」は残っていくんだなぁと……。
 帯にオノ・ナツメがポールとモーガンを描いてます。これもオイシかったなぁ。

2週間のアバンチュール

2週間のアバンチュール (Fx COMICS)
 表題作はとりあえず読後感がひたすら悪いです。これアンジュを好きになれない人は絶対無理でしょう(僕もですけど)。『ばら色の頬のころ』で分かり合えなかったユージーン達のスピンオフもあります。
 しかしここでも最後にモーガンと父親(元市長)の短編にやられてしまいました。モーガンって結局一番いいヤツなんですよねー。幸せを願わずにはいられないです。
 あ、あと「チーズトースト考」がすごかった!出だしから爆笑でした。確かに何故かピザトーストなんですよねどこも!笑

ダブルミンツ

ダブルミンツ (EDGE COMIX)
 歪んだ愛ではありますけど、評判ほど黒く感じなかったです。ラストシーンと書き下ろしの後日談を読むと、倒錯してはいるものの、揺るぎない思いなのですね。二人を分つ「社会」と決別する終わり方は素敵です。二人の関係もさんざんSとMをはっきりさせておきながら、最後のHシーンはミツオが攻!いいですねー。
 みつおの断髪式とかキツいネタもありますが、誤魔化しや美化をせずに、人間のエグいところをすらっと描く作者の才能に驚嘆するばかりで、稀に見る傑作でした。
 
 白い漫画はまた今度。あ、実は初めて小冊子全員サービスに挑戦しようと思っています!