素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


バリバリ最強NO.1

恋の日記少女/中村明日美子

片恋の日記少女 (花とゆめCOMICS)
 モチーフというか、扱われる題材はかなりキワどいのにさらっと読ませるところが明日美子さんすごいといつも思います。少女漫画(でいいんですよね?)1冊目にしてすでに中学生とおっさんの恋(?)模様、オカマちゃん、替え玉BLもどき、百合とガンガン飛ばしております。明日美子さんの絵ホントに見やすくなりましたよね。この手クセが何よりの味とも思うのですが、個人的にはすっきりした流線型の今のほうが好きです。

黒髪のヘルガ/朔ユキ蔵

黒髪のヘルガ (F×COMICS)
“少女”への信仰が絶対的な中世風の国。「時期外れ」と呼ばれ蔑まれながらも気丈に生きるヘルガは、“少女”によって人びとが忘れ去ってしまった恋愛感情にひとり正直だった。
 「ハクバノ王子サマ」「セルフ」の漫画家です。静止画のように描かれる絵柄はこの方の特徴で、それがこの漫画でもプラスに生きている気がします。最初なんの説明もないため物語を掴むのに暫時ありましたが、なかなか楽しめました。やや強引でよくわからない終り方は多少疑問が残るものの、エッダが性に目覚めてヘルガを忌み嫌い出すところや、少女への盲信が世界との断絶を生んでいたという設定など、人間の自己中心さ、醜さがこれでもかと表れており、ずしりとくる話です。我が手の君が本心を吐露する場面が好きでした。絶対的な権威が何を仕掛けてこようと勝てるものってありますよね。

侍ばんぱいや/おがきちか

侍ばんぱいや   (F×COMICS) (F COMICS)
時は江戸、長屋暮らしの浪人・黒羽冬馬、用心棒のお侍は世を忍ぶ仮の姿。彼の正体こそ、若き女子の生き血を好むバンパイア。岡っ引き風情の朔太に「ばんぱい屋」と呼ばれつつ、天下泰平の性風俗を正すべく今日も行くよカモン処女!
 次もエロティクスエフから。おがきちかランドリオールとかも読んでみたいんですが時間が無くて…とりあえず読んでみたこちら、非常に面白かったです。ノリがコメディだからサクサク読めるし、登場人物がみなかわいい。15歳のくせに手当たり次第女をひっかける朔太や、ツンデレ要素爆発の宿敵(?)たみやなど、もはや冬馬を食っている存在感。冬馬も見た目のクールさとは裏腹に起伏が激しく、しかも処女血を飲みすぎてデブるとかもうしっかり笑わせてくれる。デジタルトーンが若干うざいですが、物語はきっちり辻褄のあった位置に着地して気持ちよく終わりますし、誰でも楽しめること間違い無しです。あ、エロも愛想程度ですがちゃんとあります。