読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


この連載が熱い!2011推薦10本 and so on

【10位】四月は君の嘘/新川直司
四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
 流行りの音楽モノだけに終わらない期待を覚えました。1巻でだいぶ話が進んだのですぐ終わっちゃうんじゃないかと心配。

【9位】ただいまのうた/ふじもとゆうき
ただいまのうた 3 (花とゆめCOMICS)
 兄弟の絆にこっぱずかしい恋模様がすこーしずつ混ざってきている。ただザ花連載ってのが…1年1冊は寂しい……。

【8位】レッツ☆ラグーン/岡崎武士
レッツ☆ラグーン(1) (ヤンマガKCスペシャル)
 まだ1巻なのにあっけなくエンディング!?と思いきや、な展開にはぐいぐい引き込まれます。個人的にこういう絵柄は苦手なんですが、全然気になりませんでした。

【7位】星屑ニーナ/福島聡
星屑ニーナ 2巻 (ビームコミックス)
 どう見ても1巻で完結させてOKなのにどんどん続けるのがこの漫画のスゴさだと思う。最初と最後の星屑の変化がまた凄かった。名作の予感。

【6位】キララの星/森永あい
キララの星(4) (講談社コミックス別冊フレンド)
 ずっと豹牙やってればいいのに(笑)。

【5位】銀の匙 Silver Spoon/荒川弘
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
 テンポがとにかく気持ち良い。地味なキャラまでもみんな見分けがつきそうなくらい丁寧に描かれてる。巻末の4コマも最高です。

【4位】あひるの空/日向武史
あひるの空(33) (講談社コミックス)
 今年から単行本で読むことにしたので、特別ランクイン。この漫画は絶対に本で読むべき。作者の漫画愛がぎっしり形になってます。

【3位】BE BLUES! 〜青になれ〜/田中モトユキ
BE BLUES!?青になれ? 3 (少年サンデーコミックス)
 龍ちゃんのサッカーへのひたむきさに惹き付けられて仕方ない。周囲のキャラと同じように、彼の挫折と復活に泣きました。これ以上のハイライトを作るのは相当難しいと思うけれど……。

【2位】坂道のアポロン/小玉ユキ
坂道のアポロン (8) (フラワーコミックス)
 今更読むのもな、と躊躇っていたのが間違いでした。ジャズの愉しさがそのまま溢れてくるような演奏シーン、薫と千の友情に、心が揺さぶられます。次々起こる急展開で飽きも来ない。ぜひ最後まで読みたいと思える作品。

【1位】学園ベビーシッターズ/時計野はり
学園ベビーシッターズ 4 (花とゆめCOMICS)
 虎太郎ら子どもたちが可愛すぎる。徐々に動き出した高校生まわりもなかなかですが、「結局子どもには勝てないよね」ってことで(笑)1位です!!
 
≪平成23年・漫画ベスト総論≫
 新刊は発売日1ヶ月前にチェックし、図書カードを安く入手し、ポイント制の書店で本を買う、というように、漫画読みを地で行く日常に移行したことが最大のトピックでした。おもしろそうと思える許容範囲もぐーっと拡がっています。
BL:昨年とは比較にならない目新しさになりました。『僕の先輩』や『秋山くん』といった天才的な新人の漫画に加えて、去年入れられなかった鹿乃しうこ藤たまき日高ショーコなどの長編が盛り上げてくれました。雲田はるこ、藤谷陽子はどちらも今年2月にはじめて読みましたが今ではもう作家買いの仲間入りです。
完結作品:8〜10位は候補が他に7〜8作あったほどでとても迷った選出でしたが、全体で売れて欲しい作品を選んだ形になっています。『当世白浪気質』や『ケッコーケンコウ家族』、『EVIL HEART』など、馴染みやすい絵柄・心を打つ物語にもかかわらず書店で見かけない(すぐ返品される)本をもっと注目させたいですね。『賢い犬リリエンタール』はその作品を好きな人たちからは熱狂的な支持を得ているようで、数年したら『男の華園』同様、名作の札もついてまわると確信する良作でした。