読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


The 7th Blues/B'z

The 7th Blues
 このアルバムは前にもレビューしたことがあるのですが、最近B'zを全年代通して聴いていたら改めてこの頃(暗黒時代?)の良さを痛感しています。これ、現時点ではB'zの最高傑作かもしれない。『LOOSE』制作にあたってのBUM解体もこの出来が大きいのではないでしょうか。全編に渡って参加しているスカパラをはじめ、鍵盤も惜しみなく、多数の音が鳴り響いているのに余計な混じり物が全くない。随所で聴ける増田隆宣ハモンドソロなど鳥肌モノです。若さを感じる稲葉のフェイクも大好きです。また歌詞がいいですね。稲葉節(最初に言い始めたの誰?)の到達点と思います。DISC-1はそれまでのB'zの昇華的な作風ですが、DISC-2で展開されるディープな空気は圧巻。あまり参照されませんが「farewell song」のような洋楽的エンディングは実はなかったんですよね。メンバーにとってもきっとこのアルバムの存在、未だに大きいんじゃないかなぁ。近年のツアーではこの時期の曲必ず1曲混ぜてきてますよね。
 ゴリゴリのHRがB'zのニュートラルスタイルのような気もしますが、個人的にはこういうクラッシックなセンスの楽曲がまた聴きたいです。