読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


BLの激動2012 〜10選集

 さて、BLベスト10も忘れてはなりません。昨年・今年とBL業界に厳しい風が吹き荒れてきましたが、そのような中だからこそキラリと光るエロス物語を見ることができたとも思います。特に後半は“自粛”ムードをつんざくようにしてこれでもかと爆発してきた本が多かったような…池玲文、橋本あおい、左京亜也の新刊は結構話題にもなりましたね(橋本さんの本は僕も買いました)。
 それでは例年通り10位から。

【10位】飴色パラドックス/夏目イサク
飴色パラドックス (2) (ディアプラス・コミックス)
 えー、これが10位!? と言われそうな…夏目イサクの漫画は最近どれも同じように感じてしまっていたんです。でもこれは、イサクさんの王道であることは間違いないけれど、続きモノの厚みで非常に楽しめました。
 そういえば『タイトロープ』のDVDもありましたね。少し観ましたが、声が全く合わないと感じました。作画も雑。

【9位】どうにもなんない相思相愛/山田パピコ
どうにもなんない相思相愛 (IDコミックス gateauコミックス)
 これ面白かったなぁ。デビュー本にしては凄くよくできています。ただうんこ連発しすぎww

【8位】敏感男子はカタイのがお好き?/やまだまや
敏感男子はカタイのがお好き? (ドラコミックス 326)
 実は今お薦めのBL漫画家。ハイテンションなギャグでまくしたてていくアホエロが得意技に見えますが絵も上手で、きゅんきゅんのラブもしっかり描いてくれるところがいい。既刊3冊は今年全て読んでどれも良かったので迷いましたが、1冊ほぼ同じCP&スピンオフでまとまっているこちらを選びました。それにしてもこの題名、いかにも携帯配信って感じですよね(笑)。

【7位】ササクレ・メモリアル/鹿乃しうこ
ササクレ・メモリアル (バンブーコミックス 麗人セレクション)
 やばいーーーー鹿乃さん最高。何故かこっちまでガッツポーズをしたくなる。「ラブデカ」ひっさびさにド級のエロでしたね。ショタに夜這いに前開きパンツにパイパンとマニアックなカテゴリで埋め尽くされている。麗人やっぱりすげぇ。「迷う男」の番外編も良かったです。WILD CARD(結局買った)の書き下ろしで「心を殴られますよ」とボヤいていた滝川ですが…そのまんまだな(笑)幸あれ!

【6位】僕の先輩 部屋とYシャツとおめーと俺/羽生山へびこ
僕の先輩 部屋とYシャツとおめーと俺 (H&C Comics  CRAFT SERIES 54)
 今年は続編がランクイン。はじめ母「三宮二郎だっけ?」三郎「ハゲタカはあんたの息子だ!」ってこの二人組ませちゃダメですね爆笑でした。というかこんなに三郎とはじめラブラブだったんだ…最後なんか土下座で求婚(?)ですよにやにやが止まらない。街の資料とか興味深く読みました。

【5位】隣のおにいさん/右野マコ
隣のおにいさん (POE BACKS) (POE BACKS オリジナルBLコミックス)
 右野さんのWEBマンガが大好きでずっと読んでいますが今年ついに単行本になりました。1作目『相原主任はストロベリークリームパフェが好き』も面白いですよ。この方は絵が本当に上手い。それからこれらに収録された短編は殆どに後日談があり、むしろ後日談がないと物足りない話も多いのでぜひWEBサイトの訪問をお勧めしたいです。『気弱な吸血鬼』全編が単行本になる日を待ち望んでいる今日この頃!

【4位】るったとこだま/藤谷陽子
るったとこだま 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)
 昨年はどうしても『愛してる』を選びたかったのと、初頭に完結巻が出るのを聞いていたのとで、今年ランクインとなりました。よかったですねぇ……。最初は味気ない薄味BLだったのがものすごい青春群像劇に変わっていった。こだまの感情の揺れ動きがたまらなく切なくて懐かしくて。るったらしいプロポーズには本当にこだまへの全ての気持ちが詰まっていて感動しました。

【3位】ネコいりませんか?/倫敦巴里子
ネコいりませんか? (GUSH COMICS)
 今年最も評価したい漫画家で、衝撃度も含めてこの本を選びました。人を選びそうな絵柄ですが物語は別です。「短編とは長編を書けるネタで短くまとめたもの」と常々思っているのですが(森博嗣の影響)、この方の漫画はどれもそういう印象で、つまり傑作選でした。愛する人のために猫が人間になるのですが、その人が自分を愛してくれない限りその人だけには猫の姿に見えてしまう、という設定の「長生きにゃんこシリーズ」にあまりにも感激したので、BLだということは一切言わずに、友人(小説を書こうとしている)に筋書きを話して聞かせたほどです。近年少し絵柄が変わってシャープになっているのですが、個人的にはしもぶくれた感じの数年前の絵が好きですね。

【2位】欲しがりません収穫までは/舟斎文子
欲しがりません収穫までは 2(完) (ビーボーイコミックス)
 評判を上回る面白さ!これ、牧田と藤堂の二人にきっちり搾って描いたのが大正解です。周囲の友人達もカップルにできたんでしょうけど、それをやっていたら2位にはしないですね。本当にいい。くっつくまでも決して勢いでなく、SEXに辿り着くまでも丁寧で…いや、もう二人が愛すべきキャラクタだった。それだけですね。まとめかたもキレイだった。欲を言えば画力。面長でデッサンが狂っているのがどうしても気になりました。でもでも、物語はそれを凌駕しているので、あまりいないと思いますが未読のBLファンは是非どうぞ。

【1位】空と原/中村明日美子
空と原 (EDGE COMIX)
 あの、もうなんか、しょうがないと思うんです。1位にしない方がわざとらしいというかヘン。
 個人的には同級生・卒業生より好きな話です。ソラノは今まで、同性を好きになる自分を支えてくれる人がいなかったんですよね。ハラセンもまた同じだったから、自分のことより周りなのかなと思ったんです。二人がさわやかにくっついてくれて本当に嬉しい。
 今OPERAで番外編いっぱい描かれてるんですよね。1冊にまとまるかなちゃんと……。