素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


素性を隠すほどの手間

 批判とかいちいち気にしてたらやってらんないね。感じ方は自由。ゆえに要求される覚えなし。大体クレーマーってか文句ばっか言う奴は言えば気が済むんだから放置がベスト。何の目的もなく生きてるくせに口先だけはマウント取りたがる自尊野郎マジで死んでくれってことです。



 ミスチル桜井和寿が去年アルバムインタビューで言及していた「時代」への見方(引用すっかり忘れていた)。

 今はたいがいのものがネットを通じて音と視覚で入ってくる。自分自身が、言葉だけを見て、何かを想像したりイメージしたりする力が落ちてきてるなって感じています。だから、リスナーもそうなんだろうと思うんですね。リスナーの想像力をあまり信用していないっていうか、もうきっとここまでのことを深く掘り下げて書いても理解しないだろうな、ただ通り過ぎていかれるだろうなっていうのがあるんです。だから、意図的に淡泊に言葉を書いているところはあります。

 頷くしか無い。誰かの言葉を取り上げてすぐ不謹慎に結び付ける短絡とゆとりの無さは、全部この印象から来ているとここ暫く思っています。