素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


もののあはれ

 近頃続刊モノを読むことが多くなり、感想を書くタイミングが解らずにいます。書き貯めておいた感想は早めに放出しようということで、軽めにBL2冊。

シュガーコード/夏目イサク

シュガーコード (ディアプラス・コミックス)
 最早安心感すら覚える作家。絵も乱れないし、1冊でしっかりまとめるネーム力は脱帽です。ただカップルが毎回同じなんだよなー。黒髪ガタイ良しの攻×白髪美形の受。それでも読めちゃうんですよね。大土井弟がいいキャラしてます。

ファインダーの熱情/やまねあやの

ファインダーの熱情 初回限定版 (ビーボーイコミックス)
 雑誌で目にした下書き段階の酷い原稿も(漫画家の信用を貶めるので、編集部ももう少し対応を考えてほしいです)、ちゃんと描き直されてます。あまり好きなシリーズではありませんが、マガジンBE×BOYに載った恋するシリーズとのコラボも収録というので買ったら、意外にも面白かったです。1巻以来の面白さかも。特にトマトエステの話なんかは大仰な物語から解放されて吹っ切れた感じのエロコメで、あぁーこれだよ!と思いました。この方、複雑ぶった話に滑稽なまでのエロを混ぜこぜにした長編よりも、肩の力が抜けたSD多めのショートストーリィの方がよっぽどいいんじゃないでしょうか。
 この限定小冊子のために、はじめてアニメイトに行きました(笑)。部数からいって初版の小冊子は古本屋でも発見できそうだと思ったので……。