素敵な呪文

日々の感想文。気づけば3月で16周年。90年代のJ-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


群青色の夕暮れに

球体の奏でる音楽

球体の奏でる音楽

  • アーティスト:小沢健二
  • 発売日: 1996/10/16
  • メディア: CD
 全編がジャズアレンジの掌編。ミニアルバムと相違ない時間にこれでもかとオザケンのこだわりがつめこまれてる。発売当時、特にシングルのC/Wで表題曲を聴いたときは、何故あんなにゴージャスなサウンドを演っていた人がこんな地味なものを作ったのか全く理解できませんでしたが、今は大好きです。「ブルーの構図のブルース」からもう一気に日常を離れて時間旅行をしている気分になります。「大人になれば」「ホテルと嵐」はすごく好き。ラランランララー♪が頭から離れない「すぐに会えるかな?」はオザケンならではの曲ですね。